ちびシック内検索   
カスタム検索
新着記事

2005年12月01日

吐きはじめ

土曜日、普段どおり人間は仕事。
アトリエでひたすら作業をしていました。

アトリエの中も外も、ちび監督はどこにでも自由に行き来ができるので
お庭に出て行ったりもするけれど、天気がいいこんな日はベランダで日向ぼっこする
小さいあざらしになっていることが多い。
小さいあざらしをながめながら仕事をする、いつものアトリエ風景だった。

仕事をしている人の足元に来てごはんが欲しいと言われれば与え、
暇だよ、とちび監督が誘ってくれば時々一緒に遊び、ちび監督の体調も良く見えて、
年中睡眠不足ぎみで風邪っぴきのアトリエ作業員たちは 
ちびこさんは元気だなあ」などと言いつつ、のん気に仕事ばかりしていました。

大はしゃぎでヒモにじゃれついて部屋じゅう走り回ったり、日中は庭で散策したり、
活発な様子でした。お外でひなたぼっこをしたり他の猫のけんかを見に行ったり・・・。
少し風邪気味だったようだけれどよくあること。

夜12時ごろ食事のおねだりをしてきたので、大好きなカルカン・ビーフを
あっためて少しあげる。

夜中の3時頃吐き戻しましたがけろっとしていて、元気な様子。
このときは吐いたものに未消化のカルカンがあり、吐くことがそう珍しくもないので、全然
気にしていませんでした。
人間は朝4時頃まで仕事をして、疲れきって就寝。ちび監督は既によく眠っていました。

これが、吐き始めでした。

ブログランキングに投票お願いします〜にほんブログ村 猫ブログへ
ラベル:急性腎不全
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック