ちびシック内検索   
カスタム検索
新着記事

2005年12月24日

すごい発見?!肉系or魚系

ちび監督には処方食のカリカリor缶詰に、一般の缶詰を味付け程度に混ぜてあげている
わけなのですが、最近あることに気がついた!

例えばヒルズのk/dにカルカン・ビーフを混ぜても全くだめ。
でも、単品では全く食べなかったユーカヌバの腎臓アシスト・ドライ
カルカン・ビーフは良く食べることが判明。ん?どういうこと?
もうひとつ例をあげると、ウォルサムの腎臓サポート・ドライに焼津のまぐろは良く食べる。
でも、ユーカヌバの腎臓アシスト・ドライに焼津のまぐろは全くだめ。

ということは・・・。組み合わせるフードににおいと味の相性があるっ!

k/d缶は割とレバーのにおいも少なめで淡白な味。ここに魚の缶詰は合う。
でもに肉系は合わない。許せない。だから食べない。
ウォルサムの腎臓サポート・ドライは魚系のにおいと味。ここに魚の缶詰は合う。
でも肉系の缶詰で合わない、許せないのもある。だから食べない。
ユーカヌバの腎臓アシスト・ドライは肉のにおいと味。ここにカルカンビーフは合う。
でも魚の缶詰は合わない。嫌なにおい、全然話になんない。
と、ちび監督は思っているようだ。

私が全然食べないや〜と思っていたユーカヌバの腎臓アシスト・ドライを食べてくれたことにも
びっくり&嬉しかったのだけれど、ただ一般の缶詰を混ぜれば良いというわけでも
ないのでした。
その上、今は肉な気分♪の時と、何と言われても魚な気分♪の時があるわけで、
まずはどっちかを作ってみて、不評だったらもう一個作る、ということを
繰り返してます・・・。ああ、まだまだ修行が足りないのお・・・。

ちび監督のホームページでも処方食の工夫を見られます。

ブログランキングに投票お願いしま〜す にほんブログ村 猫ブログへ


ラベル:ごはんの工夫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。