ちびシック内検索   
カスタム検索
新着記事

2005年12月29日

アボットラボラトリーズ・経腸用栄養食/腎不全用リーナルケア

処方食の品数が一番多い、
本間アニマルメディカルサプライにて腎疾患用フードをいろいろ購入。
選ぶほど種類はないけれど、監督にどれだったらたくさん食べてくれるのか、
聞いてみたかった。その中からレビューです。

退院直後のちび監督はごはんを飲み込みにくそうにしていた。
ちゃんと量を食べてくれないときもけっこうあって心配だった。そんなときに大活躍したのが、
アボットラボラトリーズのリーナルケアだった。低タンパク、リキッドタイプのもの。
もともとポタージュ状・スープ状に仕上げたごはんが好きなちび監督なので、
そのまま飲んでもらうだけではなくて他の処方食・ウエットフードやカリカリと混ぜたり、
どうも食べてくれないときはスポイトやシリンジで、無理やりにでも飲ませることができる。

高栄養なので、少量で必要量をまかなえて、病中・病後はもちろん、ちょっと具合が
悪そうなとき、普段用にもとってもグー。とても良かったので、急に具合が悪くなったとき
とか、風邪っぽいときにすぐにあげられるように必ず常備しておくことにした。
通販でなくても買えればいいんだけどなあ。

流動食とあるけれど、見た目は少しこげ茶色を足した豆乳みたいな色と粘度。
少しにおいがあるけれど、おいしいスープみたい。
味はクリームの入った豆乳(後味がこってりしているのね)がちょっとお魚味?きのこ味?
といった感じでちび監督には好評だった。あんまりこればっかりにすると嫌になっちゃうの
だけど退院直後はずいぶんこれをあげていた。なんか濃いので、
お湯やお水を足したほうが好評だった。ウエットフードと混ぜるときも、
リーナルケアがちょっと濃いのでお湯を加えてます。
シリンジであげるときは、あごとか口の周りについたのを、濡れタオルで拭いてあげないと
ガビガビになって固くかたまってしまい、可哀想な猫さんになりますので
やさ〜しく拭いてあげましょう!

外観・原材料と成分表示・給与量 写真をクリックで拡大します
リーナルケアリーナルケア2リーナルケア3リーナルケア4

こんなふうにしてます

リーナルケア6

5日以内に使い切ってくださいとあったけど、缶に入れたままなんて酸化しそうだし、
他の食品のにおいが移ったらちび監督は食べないので、冷蔵はせずに製氷皿に入れて
凍らせて使ってます。解凍もしやすいし大体の量もわかりやすくてとっても便利。
お値段はちょい高いけど、これがあって助かりました〜。

リーナルケアの製品概要など、ちび監督のホームページでも見られます。

猫用リーナルケア(経腸用栄養食/腎不全用) 237ml 885円 


この記事へのコメント
メス猫の慢性腎不全です。16歳で数値は酷く高いです。
動くのですが、痩せて今は2キロ代です。ここ4日ほど、ほとんど何もたべません。水だけです。この記事を拝見させていただきリーナルケアを注文しました。たべてくれるか不安ですが・・猫は顔の表情が何も変化がないので、体がえらいのかどうかも解りません。足の筋肉はかなり減っていて食べなくてもトイレや、吐くときには動くので不思議です。
他に何か、いい食事ありましたら教えてください。
キドニーケアや、インテグラはためしましたが。。。
Posted by 大谷直加 at 2007年11月08日 15:57
大谷直加さん、はじめまして。
猫さんもともとの体重からはずいぶん落ちてしまっているのでしょうか、
4日ほとんど食べずとのこと、ご心配なことでしょうね。
流動食は通販でお求めとのことですが通販ではすぐに到着しないので、
獣医さんで扱いもありますから、通院されている病院にはなくても
他で分けてくれる可能性もありますので
(診ていない患者さんのものを分けてくれる病院も聞いてみれば中にはありますよ)
すぐにということであれば電話でアタックしてみるのもいいかもしれません。
リーナルケアやキドナ、他にウォルサムや最近出たばかりの大塚製薬の高栄養流動食もあり、
病院によってそれぞれ扱いがあったりなかったりします。

>他に何か、いい食事ありましたら教えてください。
とのことなのですが・・・
もともとの体重から大きく減っている様子?で血液検査の数値も
だいぶ大きいとのことであれば、
「慢性腎不全用の療法食や処方食をイヤイヤほんの少しだけ食べる」よりも
「何でもいいからおいしく、結構な量を食べられてしまう」
ほうが、良いように思います。
慢性腎不全が進むと、自分の筋肉をタンパクとして使ってしまい
症状が進んでしまうことになるようです。
大事な猫さんの、体の組織をタンパクに、さらにそれを
BUN値にしてしまうくらいなら。
今は療法食等ではなく、大好きで喜んで食べられるものを
食べてもらい、少しずつ療法食等をお試しになってはいかがでしょうか。

ここから下は私の個人的な考え・意見ですが・・・
食べることって、生きること。
食べなきゃ、お薬も効かないです。(←自分がそうなので・・・)
おいしいものを食べたい気持ちが、おいしかったーと満足する気持ちが
明日への活力に必ずなると思っています。(←自分がそうですし、猫さんの大部分もきっとそうだと思います)
今日、まだ間に合うかな・・・すぐにお魚屋さんかスーパーかに行かれて
お刺身をお求めしてはいかがでしょうか。
監督の場合は、お刺身よりも「シーバデュオ」のほうが喜ぶことが多いですが・・・
またはおうちにあるようなもの、例えばニボシをお湯にひたしてやわらかくみるとか。
腎不全の食事とはかけはなれているけれど、まず食べることが大事だと思います。
猫さんの食べてくれそうなもの、何でもいいから一口でもいいから。
(ずっとあまり食べていない状態で急に食べると胃酸が出過ぎたり
吐いてしまうこともありますから)
普通の、腎不全と診断される前に食べていたようなものでもいいし、少しそういうものにお水やお湯を足したら
その分だけタンパクのパーセンテージは下がりますから。
(リンは同じですけど。。。)

療法食でないフードを出したくない気持ちはとてもよくわかるつもりです。
でも、食べなくちゃはじまりません。

頑張って。
食べてくれるもの、きっとあるはず。
そして獣医さんと相談しながら維持できますように。

Posted by ぴか at 2007年11月08日 19:37
ピカさん
ありがとうございます。
いろいろと詳しく感謝します。m(−−)m
通販、本当時間かかりますよね。調べます。

たべる事は生きること・・・身にしみます。
リーナルケアも書いて頂いてあるように今あげました。
横からスポイドで〜リーナルケアえを教えて頂きよかったです。餌をあげなくてもあれだけでいいのですよね??
嫌がってでも無理やり入っていったので吐かなければありがたいです・・・またいろいろと参考にさせてください。
寒くなってきますので、お体ご自愛ください。本当にありがとうございます。
Posted by 大谷 at 2007年11月12日 11:33
大谷さん、猫さん回復に向かっているでしょうか。
リーナルケアを吐かずに飲めたのであれば、ごはんが自分で食べられるくらいに
食欲が回復してくれると良いのですが。
食べてもすぐに吐いてしまうようならば、すぐに先生に相談してくださいね。
その場合は吐き止めが必要だと思います。
あまり吐くと、水分の損失が心配ですし体力も消耗しますものね。
それに吐き続けると胃や食道が荒れてしまい次の飲食にも影響してしまいそうですし・・・。

>餌をあげなくてもあれだけでいいのですよね??
長期間これだけでよいとは言い切れないですが、
(固形分がないために便の状態がどうなってくるかなど、気になる点があります、もし下痢になると水分を損失しますし)
食欲が回復するまでの間は猫さんの様子を見ながら、
これだけでも大丈夫ではないでしょうか。
強制的に飲んでもらうのは猫さんにも大谷さんにもストレスがかかるし、
できれば自分から飲んで・食べてほしいところですけれど
「食べた〜い、おなかすいたぁ〜」と訴えてきてくれるところに
回復できますように、アトリエからお祈りしています。

大谷さんも、猫さんも、あったかくしててくださいね。
Posted by ぴか at 2007年11月12日 17:54
暖かいお言葉をありがとうございます。
体温が低下してきたので昨日から静脈点滴にあずけています。今日はほんの少し体温があがっていました。
完全にたべない、飲まないので、悪戦苦闘しながらスポイドであげています。吐きそうなのですが出すものがないのか吐いていません。太陽が出ていると、よろよろでも日光にあたりに行く姿は体調がわるくても元気なときと同じでその姿だけが救いです。回復してくれるのを祈るばかりです。ぴかさん、本当にありがとうございます。
Posted by 大谷 at 2007年11月14日 14:24
大谷さん、静脈点滴で毒素がじゃじゃ〜っと流れてくれますように。
スポイトのほかに、シリンジなどもいろいろなタイプがあります。
通販ではいろいろ揃いますが、ホームセンターでも
大きいところでは理科用品の場所に扱いがあったりします。
吐かずに、身になってくれますように。
今日はこちらは良いお天気でしたが、猫さんひなたぼっこできたかな。
少しでも快適に、気持ちよく。
いつものように穏やかな時間が続きますように。
たくさんナデナデして、お話してくださいね。
猫さんのウレシイ気持ち、それもまた活力になると思いますから。

Posted by ぴか at 2007年11月14日 21:09
ぴかさん
とうとう、昨日永遠の眠りについてしまいました。
応援を色々感謝していますm(−−)m
16年という歳月は、長くて家族で悲しみと寂しさを痛感しています。人生は出会いがあれば別れもある。
生かされているものが経験しなければいけない試練ですね。
ぴかさんには本当に癒され、励まして頂き嬉しく思います。
出会わせて頂いた事に感謝です!!
ぴかさんどうか、お体を大切になさってくださいね。
ありがとうございます。
Posted by 大谷 at 2007年11月17日 12:30
大谷さん、毎日ドキドキしながらブログ開いていました。
お辛いところ、お知らせくださりありがとうございました。
猫さんも大谷さんも、ご家族もお疲れ様でした。
ご冥福をお祈り申し上げます。

>生かされているものが経験しなければいけない試練
ずっとそこにいてくれるのが当然だったあのこが
突然ではないにしても形がなくなってしまうのは
受け入れがたいことですね。
嬉しいことも悲しいこともきっと一緒の16年。
その時間はずっとそのままで、これから大谷さん・ご家族を照らしてくれることと思います。
いつかは来る瞬間だけど・・・
今はゆっくりお休みください。

またいつでも、遊びに来てくださいね。
Posted by ぴか at 2007年11月17日 23:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。