ちびシック内検索   
カスタム検索
新着記事

2006年01月07日

活性炭のお薬、猫慢性腎不全用剤 コバルジン/医療用球形吸着炭

獣医さんでいただいてきた(お金、払ってなかったり・・・。)コバルジン。
作っているのは呉羽化学です。あ!ラップの会社ね〜。
調べてみると発売されたのが91年。結構新しい薬なのね。
人間用のクレメジン(コバルジンと、同じもののようです)は呉羽化学工業が創製した
多孔質炭素からなる球形微粒子の経口吸着炭で,慢性腎不全用剤としての承認を取得した
世界初の薬剤だそうです。原料は石油のもよう。

コバルジンは活性炭。

製品概要

【組成・性状】
・1包中に球形吸着炭(クレメジン原体)400mgを含有
・黒色球形の粒子、無臭

【効能または効果】
猫:慢性腎不全における尿毒症症状の発現の抑制

【用法および用量】
通常1日量として400mgを数回にわけて経口投与する

【有効成分に関する理学的知見】
化学名:炭素
性状:黒色球形の粒子でにおいはない。水、エタノール、又はエーテル
にほとんど溶けない。

コバルジンはクレメジン

ごはんに混ぜてあげると、毒素を吸着して排出するらしい。
細かい、同じ大きさに整ったきれいな丸い粒。
ガラスの容器に入れてみたら、さらさらと動いてきれいだった。
写真左のほうに固まっているコバルジンは、器についていた水滴にくっついたもの。
水には溶けないみたい。

ちょっとかじってみたら、あんぱんについてるケシの実みたいにつぶつぶして、
かりかりしていて、ちょっと楽しい。

ちび監督にはウエットフードに混ぜてあげていたのだけれど、
全く違和感なくたべてました。楽な投薬です。違和感を感じて食べてくれない猫さんには
オブラートやカプセルに入れて(薬屋さんで売っています)飲んでもらうしかないけれど。

ちび監督には今でもときどき、どうしても処方食を食べてくれないとき、
お魚の猫缶、お湯を混ぜて薄めて、コバルジンをたっぷりふりかけて、あげちゃってます。
人間がもたないもの・・・。すまぬ。

人間の腎臓のお薬も同じ成分らしいです。1包で体重4キロの猫さん1日分。
少し便秘気味になるようなので気をつけてあげましょう。
あと、コバルジンを混ぜたフードはすぐに食べてもらうこと(時間が経つと効果がなくなる)
コバルジンを服用後2時間くらいは他のお薬の服用をしない(活性炭が吸着してしまうため)
ことにも注意が必要です。けれど活性炭なので体内に吸収されることもないから、
安心して飲んでもらえますね。
体に必要なものは吸着しないように作ってあるらしいのだけど、すごいなあ〜
たかが炭、されど・・・。

コバルジンの薬の説明書など、ちび監督のホームページでも見られます。

(医薬品)コバルジン 
コバルジンはこちらでお安く購入できます。ちび監督のもココで買っています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。