ちびシック内検索   
カスタム検索
新着記事

2006年01月30日

よく遊び、よく食べる、コレが監督式健康法。

今朝もちび監督の遊んでくれコールで起きました。今日は4時半です。

早い〜、というか寝たばかりだったりしてつらいところ。おとつい、きのうは
ちび監督の遊び欲求と食欲が両方すごくあって、(嬉しい限りだけど)なんにもできなかった。
世話人の方が熱を出していて、ちょっと元気を分けてもらいたいくらいです。
去年の暮れからの仕事が昨日完全に終わって区切りが良かったので、
寝たり起きたりしていたのですがちび監督には、そんなこと関係ないもんで・・・。
夜中の日付が変わる頃から、1〜2時間おきに遊んだりごはん食べたり。
それが朝の9時10時まで続くわけです・・・。うんうん、元気なことはいいことだ。

しかし彼女の場合、急性腎不全になって入院するときでさえ、元気な振る舞いをしていたのだ。
注意して観察しないと。たぶん死んでしまう直前まで遊んで!!と言ってくるヒトなのだ。
・・・にしてもここ数日はよく食べているので、世話人は本当に彼女の体が
健康そのものに見えて仕方ない。
それから、ちび監督が毎日400mgくらい摂取している腎不全のお薬、コバルジンの副作用で
コバルジンの製品概要・レビューはこちらです 
便秘になりやすいということがあったのだけど、いったん病院でいただいたお薬が切れてた時
ちび監督の場合、うんちが3日に1回しか出なくてマッサージしたりオイルで便秘解消したり
ヤクルト飲ませたりしていたのだけど、
通販で購入してまたコバルジンを飲んでもらうようになってしばらく経って、
2日に1回のペースに戻った。ちび監督にはコバルジンを飲んでいた方が大の出が良いみたい。
量も増えた。つまり、出るほうも快調なのね。

とりあえず良く遊び、良く食べること。これが元気の素だね。世話人も、ガンバルよ。

台車とわらのヒモで。
キャスターのついた台車の上にわらひもの束をのっけて。夜明け前のアトリエをドライブ。
わらのヒモの、はじっこが気になる。

ブログランキングに参加しています。 にほんブログ村 猫ブログへ


ラベル:ちび監督 ヒモ
posted by ぴか at 05:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫監督と世話人の雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちび監督元気そうでなによりです。が、ぴかさん大丈夫?熱まだあるのですか?早く元気になってくださいね。

ごはんをたくさん食べるちび監督がうらやましいです。ちょっと油断してたら体重が減ってました。最近計ってなかったので久しぶりに計ってみらた500g減。この2週間で。猫の500gは大きいですよね。ショック〜
処方食を食べさせようとしてたのがこんなに影響したなんて。食べない時は普通のフードをあげたりしてたけど食べる量がかなり減ってたから痩せてしまったんだろうな。多分食べる気はあったと思うのに…。体に良いことをしてるつもりが逆に痩せさせたとなるとかわいそうなことしちゃったなと思います。

目標が処方食にチェンジから体重増加に変わりました。でも普通のフードはあまり食べさせたくないのが本音なんですけどね。
これからどうしたらよいものやら…。
Posted by かりん at 2006年01月30日 23:31
たーちゃん、500gも・・・猫の500gは大きいですね。
そんなに処方食がイヤだったのかなあ。体力を維持するためにも食べてもらえるものを食べてもらう方が
良さそうです。処方食を食べてくれるのが一番良いのでしょうが、おいしいと思って食べてくれるものを適量、
喜んで食べてもらうのも健康のために必要なことではないかな、と思います。ミネラルの量とか、タンパクの量などを見て選んで、処方食に近いものでよく食べてくれるごはんを探すと人間の気持ちが納得できるのではないでしょうか。

ちび監督は、処方食オンリーでは飽きてしまうので、毎回一般の猫缶やらパウチやら、鶏から取ったスープなんかを半々ぐらいで混ぜています。
カリカリですら、シニアのドライフードがけっこう混ざってます。本当は混ぜない方が体にはいいのかも知れないけれど、食べてくれる方を優先しています。時間をかけてすこーしずつ混ぜる量を減らそうとは思っているのですが・・・。時々は好きなものを少量、それだけであげることも結構あります。私の考えですから聞き流してもらって良いのだけど、人間も体に良いと言われるものをマズイと思って食べるより、おいしいなあと感じながら食べたいものを食べるほうが体に必要なものが採れるんじゃないか、精神的に満足して幸せ気分になると体も反応するんじゃないか、と思っていて(私が別サイトでやっている人間用のレシピコーナーのコンセプトでもあるんです)人間だけでなく猫さんにもある程度あてはまるような気がしています。
自分が食いしん坊だからだけど、食べることって私にとって一番大事です。高価なものでなくても、材料の良さがある食べ物を、食べたいときにおいしいと思って食べると元気が出てきます。

キャットフード自体は、コレが完璧にすばらしい!というものは一つもないのじゃないかしらとも思っていて、どんなに良いというフードでも猫さんの体との相性が悪かったり、食べないものならその猫さんにとって良いフードとは言えないと思うのです。仮にそのフードを気に入って食べてくれて、体にも合っていたとして、それだけを食べ続けていて体に良いかというのも疑問に思います。
フードを用意するのは人間ですから、質の悪いフードを出すのは嫌ですしそれで猫さんが体を悪くしてしまったとしたら、悲しいですね。おいしく食べてくれて、かつ良いフードを探したり作ったり、手間も時間も、お金もかかるけれど猫さんの体調が良いのが一番だと思うので、そこはじっくり、人間がやるしかないですね。

処方食をおいしいと思って食べてくれると助かるのですけどね。まあ、そんなに簡単な猫さんだったらちょっとつまんないかも。

ここ数日のちび監督の遊び欲求には困っています。細切れに起されるので眠れないのです。あまりに声が大きくって、不満な声を出すし、無視すると夜中・朝方の寒いベランダに出て行っちゃう。大きな声で鳴くからお腹がすくのか、食事量も2割り増し〜それ以上です。夢のおでぶ猫になれるかな?!
昼間は昼間でこまめに騒ぐので、食事もゆっくりは食べられないし仕事も細切れになっちゃう。
元気っぽくてはじめて太れるかもしれなくて嬉しいのだけど複雑な気分。そろそろ、外に出られないストレスが溜まってきたのかとも思ってちょっと心配です。
さっきは寝言でもぷうぷう不満げな声を出していたのです。う〜ん。

仕事が一区切りついたところなので、ちび監督が楽しめるように、ベランダを拡張する計画をアトリエで練っていて、安上がりで丈夫な設計と材料の選定をしてます。あ〜、ベランダなんて全然生活と関係なくって極貧のなかイタイのだけどちびこが楽しくしていてくれないとなんにもできない状態。
猫の満足があって→人間の生活がまともにできて→仕事ができる→食事が良くなる→猫満足
という風にうまくまわってくはずなので、ちび監督のヨロコビがないとどうにもこうにも、なアトリエです。

私の熱、今日は下がって、もう平気です。
いつも7割くらいの健康度でいるので、もうちょっと健康になりた〜い。
どこかに健康、落ちてないかしら。

Posted by ぴか at 2006年01月31日 01:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。