ちびシック内検索   
カスタム検索
新着記事

2006年03月30日

膿瘍、しぶといやつめ。

保護されて1ヶ月と1週間くらい経った、とらさんです。
お顔がまあるく、ぽんぽこりんになったお腹がチャームポイント。
(まだ後ろ足はガリガリ・腰骨はまだ見える。)
順調に膿瘍も治ったと思ったら、また出てきた!しぶとい・・・
世話人たちもとらさんの膿瘍の治療のアシスタントを
3回していたし、手元にお薬もあることだし
1回1万円の治療費がイタイところなので
とらさんのお部屋で治療をすることに。
治療費は保護主さんが出してくださっているけれど、
とらさんの医療費、もう10万円超えたよ・・・去勢手術もまだなのに。

何とか治ってくれ、とつぶやきつつ、
エリザベスをしているとらさんを洗濯ネットに入れて、さらに布でくるんで
隙間から患部だけを出して、カサブタをゆっくり優しくはがし、
傷口から膿を出す。消毒→薬たっぷりつける→包帯
→取れないようにしっかりテーピング。
書くのは簡単だけど、けっこう難しい。

痛くないはずのところを触っても、病院でじゃんじゃん膿を絞ったときの
イヤ〜な思い出がよぎるのか、とっても暴れて処置が難しい。
布でくるまないと、無理。
今日は昼間にその処置ができたので、お薬を飲ませて寝かせる。
とらさん、ふてくされて引っ込んでしまいました。
1万円の処置、自分たちでできた!っていう満足感はあるけれど、たいへん。
とにかくいっぱい食べてもらって抵抗力をつけてもらいたいのに、
食欲がないときもあって。

心配なのが膿瘍だけじゃなくて、膿瘍の治りが遅いこと。
もしかしたら、猫白血病とか、猫エイズとかにかかってるかも。
噛まれた傷が化膿しているのだから、当然可能性は高い。
早く検査したいけど・・・
陽性だったら、もしも・ちび監督と仲良くできたとしても一緒に
遊んでもらったり、寝てもらったりできないんだよね。
不安。
とにかく今は傷を治すことが大事なんだけどね。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 猫ブログへ




ラベル:とらちゃん
posted by ぴか at 16:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫監督と世話人の雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。猫の治療も大変なのですね。早くよくなるといいですね。
Posted by ベネロップ at 2006年03月30日 16:59
こんばんは。
あったかいお言葉ありがとうございます。今日抗生剤の錠剤をもらってきたのですが、その薬がなくなっても治らないようだったらレーザー治療をすることになるそうです。レーザーだなんて、こわい・・・。
Posted by ぴか at 2006年03月30日 20:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。