ちびシック内検索   
カスタム検索
新着記事

2011年04月06日

水と食品への影響、もう少し。

原発事故が起きた時点で危惧していたことではありますが

「確認できたこと」以外はなかなか情報を出さない
「聞かれなければ」答えない政府・東電
知らされていないことが多いようです。

原子力発電所で起こっていることは隠せても放射線は隠せない
ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/107055

 

日本における放射線リスク最小化のための提言 ドイツ放射線防護協会

(NO DUヒロシマ・プロジェクトによる翻訳)

http://icbuw-hiroshima.org/wp-content/uploads/2011/04/322838a309529f3382702b3a6c5441a31.pdf

 

書くと「煽り」になってしまうんかと思ったり
放射能汚染の懸念は、今生きるか死ぬかのところにいる
たくさんの方々、決死の作業や目の前の困難に
立ち向かってくださっているかたがたのことを
考えればばかばかしいようにも思え
世話人もなんだか無気力になってしまい、書けませんでした。

ここに来て書きたくなりましたので 少しだけ。

危険を煽ろうという気はありません。

水道水について、


水道水 3日間の平均値で判断 4月4日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110404/t10015098431000.html

以下引用

国の指標を上回る放射性物質が検出された水道水について、
厚生労働省は、最新の検査日を含めて直近3日間の検査結果の
平均値を目安にして、摂取制限やその解除を判断する
という考えを示しました。

水道水に含まれる放射性物質について、厚生労働省は、
原子力安全委員会の指標に基づいて、放射性ヨウ素が
1リットル当たり300ベクレルを超えた場合に、
その水道を利用している住民に対して、摂取制限を呼びかけるよう
自治体に要請しています。また、乳児の場合は、
放射性物質を吸収しやすいとして、
1リットル当たり100ベクレルと指標を厳しくしています。
しかし、これまでは摂取制限を解除する際の
明確な基準がなかったため、要請を受けた自治体からは、
制限や解除の基準を作るべきだという声が上がっていました。
これを受けて厚生労働省は、最新の検査日を含めて
直近3日間の検査結果の平均値を目安にして、
判断するという考えを示しました。具体的には、
原則として3日間の平均値が指標を上回った場合、
もしくは1回の検査結果でも著しく指標を
上回った場合には、摂取制限を要請するとしています。
また、解除については、検査結果の平均値が
指標を下回っていることに加えて、減少傾向にあることを
目安にするとしています。

引用おわり

少し前に、千葉県で数値を上回っていたことが
数日後に知らされるという出来事があったのですが
http://mainichi.jp/area/chiba/news/20110330ddlk12040100000c.html


基準値を上回っても、
3日間知らされないということもあるということ・・・なのか。

被災地向け、また「安全」な水を求めて
需要が急増しているものの、生産追いつかず輸入が増えること必至な
ペットボトル入りの水について。

ミネラルウォーター類の輸入時審査について:厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000016u30-img/2r98520000017fsx.pdf

基準が甘くなります。
店頭にたくさんお水が並ぶようになったとき
購入時には、ほしい内容の「安全」な製品であるかを
その場で判断する必要が出ると思います。

↓の記事に書いた、
「暫定規制値」と、「コーデックス基準値」の差があることにより
主に食品、それ以外でも輸出に影響が出ています。
必要な情報や証明が出ていないことが問題かと思います。

船の問題は、輸入にも問題が出そうです。

食品の輸入禁止、東京港“外し”……海外で広がる貿易制限措置(1) 04/02
http://www.toyokeizai.net/business/industrial/detail/AC/012df35eb3e7a9f0f22a8e2260890d37/

シンガポール政府 関東地方全ての件からの野菜や果物の輸入を差し止め
http://www.ava.gov.sg/NR/rdonlyres/9253E7B2-E57D-4992-982C-1304E73748D6/18832/Pressrelease_Detectionofradioactivecontaminantsint.pdf

シンガポール政府 静岡県からの野菜や果物の輸入停止
http://www.ava.gov.sg/NR/rdonlyres/9253E7B2-E57D-4992-982C-1304E73748D6/18873/3rdJointStatementFukushimaNuclearSituation.pdf
3月30日に輸入された静岡産小松菜から放射能検出
I-131 648 bq/kg、セシウム-134 155 bq/kg、
セシウム-137 187 bq/kg

兵庫産野菜も輸入停止=キャベツから放射性物資―シンガポール
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000123-jij-int

日本食品輸入、全面禁止  インド
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2011040500980

原発危機、国際海運への影響
http://www.afpbb.com/article/economy/2793589/7029064

対外的にもいろいろと影響が出ています。

福島:日本の故障、欧米の好意 仏リベラシオン 4月01日
(フランス在住の翻訳に携わる有志グループによる翻訳)

http://www.francemedianews.com/article-70805965.html

福島は“チェルノブイリより深刻”
仏 ル・フィガロ(AFP共同)4月01日
(フランス在住の翻訳に携わる有志グループによる翻訳)
http://www.francemedianews.com/article-70789322.html

ロシア戦闘機、放射性物質採取か 防空識別圏侵入 3月30日
http://www.asahi.com/international/update/0329/TKY201103290500.html

国際法的問題の可能性…韓国、汚染水放出に懸念 月5日
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110405-OYT1T00360.htm?from=main3

**********************************************

現状がどうなっているのか
海外ニュース、国内ニュースなど見比べて
自分で判断するしかないと思います。

「情報一元化」のこれから チーム森田の”天気で斬る!”
http://blogs.yahoo.co.jp/wth_map?sess=476bb48290eaee42310ee2be7b806b60

仮定の拡散予測非公表=放射性物質、IAEAには報告−気象庁
2011/04/05
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011040500004

放射性物質の拡散予測、気象庁に公開を指示 2011年4月4日22時48分
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110404-OYT1T01078.htm?from=navr

出されていない情報が多いことは確かです。

 

局地的に懸念があまりに大きい場所もあります。

飯館村に屋内退避を提言 京大助教ら、現地で放射線量調査 2011年4月4日
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011040490161402.html

3月28日と29日にかけて飯館村周辺において実施した
放射線サーベイ活動の暫定報告
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No110/iitatereport11-4-4.pdf

Full meltdown in full swing? Japan maximum nuclear alert
03月30日 Russia Today
欧州放射能危機委員会 科学担当幹事クリス・バズビー教授

http://www.youtube.com/watch?v=MognnB0g56Y

*************************

こんなふうに宣伝してきたんだと、腹が立ちます。

「プルトニウムは安全だよ!」と言い聞かせるプルト君が話題
http://getnews.jp/archives/107384

プルトニウムも、放射性物質も、
安全で安心なら、核弾頭はどんな国家だって怖くありません。

日本にこんなに「安全」「大丈夫」と宣伝されてしまって
万が一にも、安全で大丈夫なことになってしまえば
核の脅威が崩れるので、各国必死になるでしょう。

そんなばかな話はありませんが。

日本国内での認識と、海外での認識の差
発表されていないことが出てくるまでの時間差が
憶測を呼び「デマ」「風評被害」を呼ぶのかもしれません。

利権やお金のこと、政治のことも入り込んでいるので
見えないものがあまりに多いような気もしますが
個人的にできるようなことはあまりに少なく。

2002年にすでにこんなこと起きていたのですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%9B%BB%E5%8A%9B%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB%E9%9A%A0%E3%81%97%E4%BA%8B%E4%BB%B6

老朽化が、という説もあったりしますがこのページを見ると
以前からいろいろと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80

とりとめもない感じになってしまいましたが
どう暮らしていけばいいか、それぞれに判断するしかなさそうです。

猫さんの水やごはんについても、個々に判断する場面があるかもしれません。

今まだはじまったばかり。
特に小さいお子様がいらっしゃるおうちなど
何年も、何十年も先の話になるかもしれませんが
杞憂だったということになればそれで良いと思います。

ちびこスタジオアルテの猫監督 ちびこの部屋

ブログランキングに参加しています。猫めしを食べ続けるちび監督と世話人を応援してね。

ブログランキング参加中

●現在コメント、受付のみしております。

お返事できなくて申し訳ありません。

posted by ぴか at 05:00| Comment(0) | 猫監督と世話人の雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。