ちびシック内検索   
カスタム検索
新着記事

2007年03月09日

開腹結果と経過

(今回、写真なし文だけでとっても長いです。
ごめんなさい。)

なんだかいろいろあって混乱してたのと、コマギレ睡眠が
続いてたのと、監督片時も目が離せず・・・で
書くのがちょっと遅くなってしまいましたが
皆様、監督の手術の無事を祈ってくださり
ありがとうございました。
いろんな方向からたくさんのパワーを
監督、ビシバシ感じたことでしょう^-^
監督の避妊再手術、お蔭様で3/7無事に終わりました。
手術は日帰りだったので、そのまま夜7時には
アトリエに帰ってくることができました。

が・・・
監督をお迎えに行って、手術を終えた監督だけではなく。
世話人衝撃の開腹結果が。
どどどーんと待っていたのでした。

今回の避妊再手術は、卵巣のみを取る予定で
切開するのは2〜3cmとなる予定でした。
しかーし。
監督のお腹、14cm切ったとの先生の報告。
ぬぬっ。
何かあったら傷は大きくなりますと言われてたし
残念ではあるけど仕方が無い。
だけど・・・
な・・・なんで?????
何がアッタノ??

先生が解剖図(絵)を出してきて、見せてくれたのですが
猫の卵巣というのは、
膣から奥に向かって左右フタマタにわかれ、左右の子宮があり
その先に左右の卵巣があるのだそうです。
(子宮が左右一つずつあるのを知らなかったのでビックリ。
子宮って一つだと思ってたー!!!)
更にその先に左右の腎臓が見えるんだそうです。
卵巣を取る手術というのは、
腎臓の位置を見て卵巣を確認し、切除するんだそうです。

が・・・
監督のお腹を切ったら、右の腎臓がみつからなかったそうで^^;
腎臓をしっかり確認できる位置まで切開したということでした。

ええええ〜〜〜〜っ。
去年12月の食欲廃絶騒動のとき、
「説明不足の病院」で散々の腎臓触診で「説明不足の獣医たち」
総勢3人が、毎回ウンウンうなりながら長時間触診し、一度は
エコーまでやって(早く帰りたいし私は頼んでもないのに^^;)
右の腎臓が確認されてないのにうやむやにして
「正常です」って言われたんだよー。(→)
私も監督がエコーの液でぐしょぐしょにされて
その前に散々触診(痛がるくらい^^;)されてたし
冷たいわめちゃ嫌がってるのが気になってしかたなくて
早く診察を終えたくてハイハイと言ってしまってた。

そいでまた、右側の卵巣は無く、右の子宮はあるんだけど
どこからどこまでが子宮かという境目がなくて
尿路の確保のため、右側は子宮を取りませんでした、との報告。

左側は子宮・卵巣ガッチリついていて、(切除しました)
腎臓もあるそうです。

じ、腎臓が1コ無い・・・
世話人ちょっとパニックになりながら
最初の避妊手術のときにヤブ獣医が取っちゃったのか???
と思い今回の執刀医に聞いてみましたが、
最初の手術のときの傷は腎臓が切除できる位置までは
開いてなかったそうで。(手術痕は確認したそうです)
「右の腎臓は先天的に無いものと考えるのが自然でしょう」
とのことでした。
「とても珍しいことです。」とも。

う〜む。
とりあえず開腹してみて。
膣からわかれた右側に、内臓の奇形??が
あったってことらしい。
つまり腎臓と卵巣が無く、
子宮の形状が普通でなかったということ。

それから、最初の避妊を執刀したヤブ獣医は
お腹は切ったがなーんにも取っちゃいなかったということ。
切っただけだった。

更に「説明不足の病院」は、エコーで右の腎を
見つけられなかったのをうやむやにしたってこと。

なんじゃ〜〜〜!!
世話人、キレ気味になるのを抑えつつ
ただしかなりコーフンしながら今回の執刀医と話し込んだ^^;
まあ、厳しい目でみれば
この先生も触診で右の腎が小さいとか無いとかは言ってないから
スッバラシイ先生というわけではないんだろうけれども。
でも謎や原因を追究する姿勢があるし
(実験と言えばそうも言えるけど^^;)
話はちゃんとしてくれて話がしやすいし、まだ若いけど(30台?)
自分の考えや推測、治療法も言ってくれる。
今までの先生はそういうことはなかったから
これからこの先生に診てもらおうと思った。

幸いなことに、7歳の段階で腎臓が1つ足りないことが
判明したから、あるものを大事にしようってことで
落ち着いたんだけど。
1個は無事だから、普通に生活できるわけだし。
ただ、先生は
ナトリウムなどに注意した食事と、半年〜年に1回の
血液検査と尿検査、検診をしましょうとのことでした。

それと・・・

世話人は手術前、今回の執刀先生に
「卵巣が残ってて切除した場合、保存したい。手元に欲しい」
と言っておいた。
ヤブ獣医を訴えたいわけではない。
戒めとして、保管したかった。
快く受けてくださり、監督の左の卵巣のホルマリン漬けを
いただいた。
小ビンに入った監督の左の卵巣。
しっかりとした形、大きさは長さ2cm弱。
これが祭りを引き起こしてたのか・・・
感慨。

執刀先生は
「コレ持って、最初の避妊の先生と納得いくまで
話したらいかがですか。納得いかないでしょう」
と言ってくれた。

右の腎臓が無かったことに関しても、
「○○病院でエコー正常だったんですよね??
○○さんですよね??」
と不思議がる。
エコーを受けた「説明不足の病院」はアトリエ近辺では一番
マシっぽい病院で、普通に技術がありそうなんだけど
エコーで腎臓が無いってことを見逃した
明らかで大きなミスをしたもんだから、今回の先生
ビックリされたようでした。
「明らかに異常所見で、それを確認せずヘンナコトを言うのは
技術不足だしおかしい」と言ってた。

今回の先生の話によると、どんなに小さい卵巣でも
見つけられるけど、(ぼくは)
監督には1つの卵巣しかなくて、子宮は1つ残してはあるけど
卵巣は確実に取ったので、もうサカリは来ません。
ということでした。

とにかく、今回の手術は
サカリが来ないようにし、体調管理がうまくいくようにする
という目的だったので無事に終わって良かったと思っています。

腎臓1個しかないって今わかってこれから気をつけらられるしね。
良かったと思わないとですね^-^

数年来の祭りの悩みはこれで解消するんだろうか・・・
現在、監督には交代でつきっきりです。
傷が大きいし、昨日はなんだか辛そうで
引きこもっちゃったりもした。
お水もごはんも(量は多くないけど)イケルのに
おしっこはなかなかでなかったし。
でも今夜出て、さっき昼2時にもしたから
あとは傷の治癒を待つだけになりそうです。

昨日は・・・精神的なショックがあるのか
シャープペンじーっとみて目をそむけたり^^;
(注射器に似てるのかな?)
昨日はゴハンもアニモンダの一番好きなやつとか
お刺身とか用意してたのに
術前の絶食のとき食べたがってたドライフードばっか
しか食べないし^^;
でも今日は缶詰も食べてくれた。
あああ、術前の絶食ほんと辛かった。
気持ちもちょっと変になっちゃってるんだと思います。
もう切らないからね、怖いことないからね、と
ずーーーっとつきっきり。

しっかし・・・病院・・・ひどいことするなあ。
今回の病院に最初から行ってれば腎臓が1個しかないことが
生後6ヶ月でわかったのにーっ!!
キーッ!!!
でもそれは世話人のせいでもある^^;
ともかく今を大事にしたい・・・
毎日を大事にしたい・・・

しばらくニンゲンは交代寝で
監督のそばについて何もせず24時間体制で
仕事もせず家事もせずみていようと思います。
1週間くらいはずっとそばにいてやりたいと思っています。

で・・
昨日は監督の術後服を作った^^
1個目は失敗。
2個目も作ったところで、
監督自分で病院で着せてもらった術後服を脱いじゃった^^;
ので、世話人が作ったのを着せてみて、調整し。
今日の午後・・・それも脱いじゃった^^;
むっずかしー!
今は、ホータイ巻いてます。
カゴに入って寝ています*^-^*

つきっきり&交代寝なので、コメントのお返事
しばらく遅れるやも知れません。ごめんなさい。

ちびこスタジオアルテの猫監督 ちびこの部屋

ブログランキングに参加しています。
猫えさを食べ続けるちび監督と世話人を応援してね。ブログランキング参加中


この記事へのコメント
唖然、呆然です。
腹が立ちすぎて涙が出ます。
人のブログのコメントに「涙が出る」なんてネガティブな言葉を使ったことはありませんが、本当に出てしまいました。
おんどりゃあ!カワイイカワイイ監督に何さらしてけつかんじゃ、ボケェ!と叫びました。本当に酷い。
最初の病院の獣医、今すぐ辞めろ!といいたいです。
腎臓を間違って取ったなんてことはなかったとしても、7年もの間、おんどれの技術不足、いや医者の資格もないくせに、お前のせいでなっ、どんだけ苦労したと思っとんじゃ、こんクソッタレ!と私は言いたい。
ホントに今すぐ辞めてもらいたい。
それから2番目の病院、レントゲンは猫を固定しなきゃだし、だからエコーを選んだんでしょうけど、わからんならわからんといって欲しい。
どうして「正常です」になるんでしょう。小さすぎず、大きすぎる腎臓らしきものが見えなかったからなんでしょうか。
とにかくぴかさんが前向きで、それがよかったです。
ブリちゃんもいつもいっています。『済んだことは仕方がないムピ』と。
監督とぴかさんサイドにしてみれば、この状況を受け入れて、そして前に向かっていけばいいと思います。
もうあとは傷さえ治れば、監督の穏やかな生活が待っているだけですもんね。
それに今から気をつけてあげれば、充分に健康に過ごせますとも。
返事はいらないし、風呂にも入らなくていいです。
パンツも替えなくていいです。死にゃあしません。
どうか監督に寄り添ってゆっくりお過ごしください。
最初の獣医に怨念を送っておきます。
それから監督には早く傷がくっつくようにいい念を送っておきます。
Posted by おじいちゃん at 2007年03月09日 16:54
ちび監督、ぴかさんお疲れ様です
そんな事があるの〜?という衝撃の事実・・・
一番びっくりしたのはぴかさんだよね!
でも、これで盛りも無く、穏やかな日が送れるんですね。
治療に専念してくださいね。
返事なんて要りませんので、お大事に!!
Posted by のんぼう猫のママchan at 2007年03月09日 19:29
ぴかさん、はじめまして。イチローママと申します。
アニモンダのフードのことを調べていて、こちらのHPにたどり着きました。
フードレビュー、とっても参考になりました。
どうもありがとうございました♪

ちび監督ちゃん、小さな体でたいへんだったのですね…
一日も早く元通りの元気な姿に戻れますように(;_;)
ぴかさんも お疲れが出ませんように…お体大切になさってくださいませ。
Posted by イチローママ at 2007年03月09日 20:03
なぬ〜〜〜〜〜!!!
ちょっとそのヤブ!!
これはぴかさんのせいじゃないですよ。
誰がなんと言おうとそのヤブ医者のせいなので、断じてぴかさんのせいじゃないです。
私たち一般人が、医者の良し悪しを見分けるのなんて大変だし、そんなヤブが獣医やっていることがまず間違い。

説明不足の病院もだけど、きっと評判が良かったぶん、自分たちが何も見つけられなかったということを認めたくなかったのかもね。。。
実験的ではあるかもしれない今回の病院だけど、やっぱり話しやすくて説明をちゃんとしてくれる病院が1番だと思います。
監督の内蔵は特殊だったけど、母上はどうなんでしょ?
もしかして、野良猫さんだったから妊娠時代の食生活の乱れで内臓が1個しか形成されなかったのかな・・?
でも、1つの腎臓でも今の時点でそれが判明したから良かったね。^^
1番いいのはもっと早くに判明していたのがいいんだろうけど、もうあのヤブのことを考えても結果は変わらないし、今は監督の側に付いてあげててください☆
返事も不要!^^
Posted by 日本カモシカ at 2007年03月09日 20:19
色々と頭の中を駆け巡るんやろうけど
今は、監督さんの回復が1番!!
監督さんが精神的にも肉体的にも
いつもの調子になってから
どうするかは、作業員さんと考えていけば良いしね。
監督さんが無事に戻って来てくれたコトが何よりの
幸せや。
監督さんに寄り添うコトが
ぴかちゃんの1番の癒しやよな!^^
ぴかちゃん!!しっかり食べやぁ!!^^
返事なんか気にすんな!って^^
がんばれー!\(=^‥^=)/
Posted by やんちゃひめ at 2007年03月09日 21:01
監督の1日も早い勇敢な狩姿みれるのを
大阪からkumaと願っています(^.^)/
Posted by しゅぽぽ at 2007年03月09日 22:07
我が家に猫1匹増えたりしてて、遅くなってすみません。
再手術、終わってほっとしました。
傷口が大きい分疲れもまだまだ残ってしまうけど、
でもきっと結果オーライですよね☆
腎臓が1つっていうのも今わかってよかったはず。
我慢したり心配した分、今度はしあわせがやってきますからね☆
しっかり栄養とってがんばってください。

って、穏やかなこと書いてますが、
そのばか獣医ども、ブチのめしてやりたいです。
Posted by りゅう at 2007年03月09日 22:25
ため息が出てきちゃいますね。
エコーは難しいとは思うけれども
なによりも意味もなくお腹開いたことに
怒りを覚えます。
だけど今このタイミングでわかった腎臓のことや
諸々のことにもきっとなにか訳があるのでしょうね。
過去のことは過去のこととして
今は監督の傷が早く治って
いつもの元気な監督に戻って欲しいですね。
ぴかさんも色々と考えてしまうことが
まだまだあると思いますが
また監督といっぱいイチャイチャしながら
ゆっくり今後の事を考えてくださいね。
Posted by ガンバルタン at 2007年03月09日 23:47
何はともあれ、とにかく監督が無事に退院できて良かったです。
今になって腎臓がひとつなのがわかったのは、ぴかさんにとってとてもショッキングな事実だったと思います。前の医者は大バカ野郎だけど、ホント、済んだことは仕方ないです。今回気が付いて良かったです。これからのケアも考えられるし…。急性腎不全だった監督にその後もずーーっと、手厚く慢性腎不全のようにお世話を続けていた事、監督の体のために良かったですね。これからも、この調子でやっていける事もわかりましたし…。ああ、早くお腹の傷が治って、いつもの元気な監督に戻って欲しいです。ぴかさんも時間を見つけて出来るだけ休んでくださいね。
Posted by いちご at 2007年03月10日 02:02
ぴかさん・・・本当に大変な現実を目の前にしてさぞお疲れの事とお察し申し上げます。

監督さんの小さな体に大きな傷・・・監督さん凄く頑張ったのですね(;;)
沢山の事実が解った今はただただ監督さんの一日も早い回復を祈るばかりです。。。

今回、獣医を選ぶ飼い主の責任が非常に重要で責任があると改めて実感いたしました。
姫が最近避妊をしたのですがその病院ではセカンドオピニオンも受付してました・・・凄く驚きましたが後から聞けばたの病院で見放された子が助かったケースも有ると紹介者は教えて下さいました。

ぴかさん元気になった監督の姿待っていますね。。。

Posted by ねこた みかん at 2007年03月10日 17:55
すみません、吐き気を伴わない(伴いにくい)と私の主治医がいった麻酔薬ですが、「プロポホール」というものでした。
クロロホルムは劇薬っていうか、麻酔薬として使ったら恐ろしいっていうか、麻酔には現代では使わないと思います。
間違いがあったら困ると思いましたので、書き込ませていただきました。
正確にお伝えできなくて申し訳ありませんでした。
ちなみにプロポホールにも副作用があって、適さないコもいますので、獣医さんと相談して決めた方がいいと思われます。
たびたび失礼しました。
Posted by じいや at 2007年03月10日 18:43
じいや様

有難う御座います。。。
勘違いが伝わったら大変でした・・・申し訳ありません。。。
Posted by ねこた みかん at 2007年03月10日 19:19
おじいちゃん、ありがとうございます^-^
病院て、いろいろなんだあ・・・と
身をもって(正確に言うと監督や他の猫さんを犠牲にして^^;)
知った・体験しちまったです。

最初の獣医はヤブなんですけど、よく話してくれて
しむけんみたいな話し方でとっても話やすいんですよね。
でもって激近いので使ってしまってました。
私も病院だったら酷いことされないと思ってましたし、
完全に無知でしたから何をされても気づかないってのもありました。
気さくで待ち時間もあまりないし、室内飼いかどうかも聞かれないし
昔ながらの飼い方っていうか暮らし方の、
お年寄りなんかは特に行きやすい病院だと思います。
近所の動物を飼ってらっしゃるお宅には「あっこはひどいでー」と
触れ回ってますけど、跡継ぎもいるから続くんだろうな^^;
地主で、「事業でもやらないと土地を維持できない」と
公言してるくらいですから、ヤブなだけでなくボッタクリでもあったりします^^;

2番目の「説明不足の病院」は、監督食欲廃絶時に通ってて、
病気の原因を突き止めない・テキトーな治療をする病院でもあるなあと
感じました。何でこういう症状なのかを突き止めもせず
まずはコレやって・・・って変ですよね。
技術のなさはもちろん、技術のなさを隠すところが悪質です。
最初のヤブでボッタクリの獣医よりも陰湿さを感じます。
病院の体質が良くないんだと思います。
「ヤブでボッタクリの病院」ではこっちからツッコミを入れれば対応とか
反応がありますけど、「説明不足の病院」ではそれもなくて。
ある意味こっちのほうが悪質な気もします。

今回の病院がすごく良いわけじゃないと思うんですが、
まともではありそう・・・なのでしばらくここに通うことにしようと思います。

監督、すごく甘えん坊さんでちょっとでも離れてると寂しがるんですが
今日はうんちも出て^0^/
順調に回復しています。

おじいちゃんの怨念で山の中にある「ヤブでボッタクリの獣医」
火事で燃えたりして^0^/

ブリちゃんの言葉・・・いいね!!
ありがとう。
Posted by ぴか at 2007年03月10日 22:04
のんぼう猫ママchan、監督の応援ありがとうございます^-^
それに〜いただいた黒米、すっごくつやつやできれいな粒!
うちにあるやつとなんか違うんですよ・・・
やんちゃひめさんにいただいた佃煮を入れておにぎり作りました^-^
監督のそばでピクニック。
監督は海苔を少々・・・^^
ありがとう〜おいしいです!!

開腹結果は本当にビックリして一瞬わけがわからなくなりました^^;
でも確実にサカリのお祭りはなくなるんだって言われてほっとしました。
穏やかな日々・・・いい響きです^-^
今日はもうだいぶたくさん食べられるようになって、おいしい缶をたくさん
食べています。
昨日もいろんな缶フード合計で80gは食べました^0^/
いつもより缶フードを食べる量が多いかも〜
あとは傷のくっつくのを待つだけです。
ありがとうございます。
Posted by ぴか at 2007年03月10日 22:10
イチローママさん、はじめまして。
アニモンダの試食レビュー、お役に立てましたか^^
あくまでも私と監督の感想ですから、みんながそう思うかというと違いますけれど
いっぱい種類があって、何から買おうか迷ってしまいますよね^^;
アニモンダ、とってもおいしいのでママさんのおうちの
にゃんこさんが気に入りそうなものから是非お試しくださいね^-^

監督、まだ寝ている時間がとっても多いですが
順調に回復してきていると思います。
で。。。
私は今日寝過ごして朝の投薬できず^^;
起きたらもう14時だったー!!!
それでもあはは・・・で済むくらい元気になってきています。
ありがとうございます。
あとでお邪魔しますね。
Posted by ぴか at 2007年03月10日 22:12
日本カモシカさん、す、するどい^0^
>説明不足の病院もだけど、きっと評判が良かったぶん、自分たちが何も見つけられなかったということを
>認めたくなかったのかもね。。。
たぶんそうだと思います。
あと、私がいろいろ聞くもんだからクレーマーになるかもと恐れて
あんまし深く突っ込みたくなかったのかも^^;
でも、それって獣医の意味ないし。
仕事をちゃんとしない人は嫌いです〜

それと、日本カモシカさんに言われて気づいた!!
そっか、母上にも何かあるのかな???
うーん。
あとで飼い主さんに言ってみますね。
全然そこに思いが行かなかった〜気づかせてくれてありがとうね。
監督は一人っ子で、ほかに兄弟がいなかったので
何か特別なものはありそうな気はしてたんだけど、
まさか腎臓も一人っ子だなんてね^^;
監督を産むときの母上の栄養状態は、痩せてたけどそれより前から
ごはんもらいに来てて、実は監督の前に、同じ場所で
6匹の子を出産しているの。悲しいことに別の野良さんが来て
母上の大事な赤ちゃんを食べてしまったToT
母上の見てる前でね。
だから次に生まれた監督が一人っ子だったのは、母上完全に守れるように
執念の一人っ子なのか??などと思っていたのだけど
何か、体の都合もあったのかもしれませんね。
でもゴハンはいっぱい食べてたんだよなあ。

監督、今腎臓のこともわかって、サカリのお祭りもなくなるし
きっと穏やかに過ごせるよね^-^
術後ずーーーっとニンゲンの側にいて、半径2メートル以上はなれると
鳴くの。寂しいのかなあ。
昨日ははじめて、腕枕で寝た!!!
必死でがんばってる監督、イトオシイです*^-^*
ありがとう、きっともうすぐ元気に駆け回ってくれると思います。

Posted by ぴか at 2007年03月10日 22:14
やんちゃひめさん、
うん、今は元通りになるのを待つだけ!
(卵巣はなくなったけどね〜^^)
免疫ミルク、ありがとうございました〜〜〜!!!
監督ね、好きみたい。
教えていただいたように濃く溶いて、momoちゃんとおそろのシリンジで
飲まそうと思ったんですが普通に舐めたがったので舐めさせたら
すーっごく大事そうに舐める^0^/
練乳みたいでおいしいですね。
術前の血液検査で、ちょっと傷の治癒遅めっていう結果だったので
免疫ミルク、良い仕事してくれるんじゃないかなって期待してます!
喜んで舐めてくれるから簡単だし^0^

私は〜やんちゃひめさんにいただいた佃煮を
のんぼう猫ママchanにいただいた黒米でおにぎりにして〜
監督のそばでピクニック^0^/
いただいてばかり^^;
ありがとうございます。
監督と一緒にいっぱい食べて大きくなりまーす
(もう大きくならんで良いんだけど^^;)
監督はおにぎりの海苔をちょびっと食べました^-^

今ね、とーっても幸せです^-^
Posted by ぴか at 2007年03月10日 22:18
しゅぽぽさん、ありがとうございます^-^
監督、今度は何を狩るんでしょうか?!
またとかげかなあ。
ベランダに出られるようになったら〜
ひなたぼっこもいっしょにしたいな。
今は狭い1区画にフトンとかザブトンをしきまくって
ニンゲンもずっとそこにいるので、なんか体痛いけど
もうじきもとの監督に戻ると思います。
Posted by ぴか at 2007年03月10日 22:19
りゅうさん、ありがとうございます。
ね、猫増えたんですかーっ??!
またあとでお邪魔しますね。

結果オーライ、そうですよね。
おっしゃるとおり、今わかってよかったです。
まだ7歳だし、気をつけていればステキなおばあちゃん猫に
なって、ずっとアトリエを監督してくれると思います。
今日もたくさん食べてくれて、うんちもしたし^^
元気回復ももうすぐかなあと思います。

ばか獣医・・・
案外たくさんいるものですね^^;
私の近所が酷いのもあるんでしょうけど、にゃんこのために
良い先生にあたりたいものですね。
一番最初の「ヤブでボッタクリの獣医」には手紙を送るつもりです。
訴えるのはめんどいから^^;
お金も、裁判に使うよりかはフードを買ったほうがいいから。
でも、近所じゅうにヤブだってことは触れ回ってます^0^/
おばネットは案外ダメージ大きいです!ぐへへへへ。
Posted by ぴか at 2007年03月10日 22:20
がんばるたん、やっぱりエコーって難しいんだ。
あんなへにょへにょの画像で何かわかるって、大きさとか形くらいですよね。
でも、わからないことはわからないって言って欲しかったな。
そしたらどうすればわかるか対策があったはずだもんね。
その「説明不足の病院」には原因をつきとめたり確定しようとする
そういう姿勢がないんだなあ、と思います。
あとね、私がいろいろ聞くもんだから(しかもこのとき私の体調もぼろぼろで
声も絞り出してたし、顔色とかひどくって、キのつく人と思われてたとか^^;)
クレーマーになるかもって余計なこと言わないようにしてたのかもしれません。
まあ、余計なことじゃないんだけどね。
治療する気もあんましない病院なのかも^^;
ある意味最初のヤブより悪質だなって思うです。
ヤブ獣医はおなかをあけただけ・・・
許せないことだけど。
実はほかに知っているにゃんこさんがこのヤブで避妊手術をして、
監督みたいに祭りがあるらしいんだけど、そのこの飼い主は
「妊娠しない手術とサカリが来なくなる手術は別で、料金も別なんだよ?」
って言ってた・・・^^;
あは、あは・・・
レベル低っ。

>だけど今このタイミングでわかった腎臓のことや
>諸々のことにもきっとなにか訳があるのでしょうね。

がんばるたんの言うとおり、今このタイミングでっていう意味、
きっとあるんだと思います。
これからのひとときひととき、積み重ねて幸せになれたらなって思います^-^

監督、けっこう元気になってきました♪
ありがとうね。
監督とずーっと一緒にいます。
幸せ〜*^-^*
Posted by ぴか at 2007年03月10日 22:26
いちごさん、ショックでしたよぉ〜
なんか一度にどどどーっと^^;
ビックリしました。
獣医っていろいろですね・・・
最初のヤブでボッタクリの獣医は、急性腎不全のときもかかりました。
そいで、私はすっごいいい先生だぁ〜と思ってた^^;
詐欺師なだけあって、口がうまいんですよね。話がしやすくて。
でもそのなかにウソも含まれてるわけです^^;
あとからとらちゃんのことで誤診とか去勢手術の失敗があって
知り合いのにゃんこさんが避妊したけどサカリがあるってことも知って
よく考えてみたら、監督の採血のときも
バリカンで毛を刈ってから、注射針で皮膚を一部はがして採血・・・
病院は院長一人っきりだからカルテ書き換え放題。

2番目の「説明不足の病院」で上手にスムーズに、毛も刈らず
採血するのを見て
あそこって相当やばいんだ・・・と実感したんでした。(おそっ)
無知。勉強不足。それは私です・・・^^;
そいで「説明不足の病院」にも最初は納得してたんですもの。
ニンゲンの病院選びがどれだけ大事か・・・身に沁みました。

>急性腎不全だった監督にその後もずーーっと、
>手厚く慢性腎不全のようにお世話を続けていた事、

はい、急性腎不全の診断をイマイチ信用していなかったんです。
だって原因もわからないのにものすごい数値でしたから、
何かあるはずだからとりあえず腎臓は大事にしようと思いました。
今、腎臓が1つしかないとわかって・・・
やっといてよかったと思いました^-^

監督はほとんど寝てばかりですが、
とっても気持ちの良さそうな顔をしています。
あとは傷がくっつくのを待つばかりです。
監督の応援、ありがとうございます!

私は・・・今日思いっきり寝坊して^^;
朝の投薬できず・・・相変わらずダメ人間なんですが
いっぱい寝たのでかなり元気です。
監督とずーっと一緒にだらだらしています^-^
Posted by ぴか at 2007年03月10日 22:29
ねこた みかんさん、あけてビックリ玉手箱は、監督だった・・・^^
本来開けなくても腎臓の個数くらいわかるはずなのですが
今回の病院では前にエコーを受けていることを話したし、
監督の今までの体調不良の経過やサカリ周期の状態メモ、通院の検査結果を
全部紙にまとめて渡したので、腎臓が1個だとは思わなかったのでしょうね。
おっしゃるとおり、獣医えらびは本当に大事ですね。
監督も、もし最初の避妊手術が今回の病院だったなら
生後6ヶ月で腎臓が1個しかないことがわかっていたのかもしれないし、
サカリの疲れで体調不良が起こっていたとすれば
はじめからしっかりと避妊がされていたなら急性腎不全や食欲廃絶には
ならなかったかもしれません。
が。。。
もうやっちゃったもんね^^;
仕方が無い・・・
なので、いまの監督との生活を大事に、大事にしていきたいと思います^-^
病気で失ったものもあるけど、得たものも相当大きいから。
監督との絆・・・ガッチリできましたからね^-^

姫さんの病院ではセカンドオピニオンを表立ってOKしているのですね。
どこの病院でもそうあるべきなんですが
なかなかそうもいかないのかな。
積極的にセカンドオピニオン、利用したいですね。
Posted by ぴか at 2007年03月10日 22:33
じいやさん
みかんさん

麻酔にもイロイロ種類が・・・
監督が何使ったかきいてない^^;
最近は麻酔を扱える資格が獣医でも必要になったんですよね。
専門医がしてくれるのはありがたいけど、(麻酔こわいし)
今まで使えてたものが資格がないために使えなくなったりするのは
ちょっと困っちゃいますね。
麻酔のことも、獣医選びのポイントになるかもしれませんね。

クロロホルムは20世紀以降は麻酔に使われてないみたいかな。
Posted by ぴか at 2007年03月10日 22:35
ちび監督 ぴかさん 作業員さん お疲れ様です。
少しづつ元気を取り戻してくれてるかな?
小さな体に14センチも切ったのだもの。
のんびりしてわがまま言ってね 監督。

しかしひどいねー。
私も避妊手術したのに全部残ってた経験あるけど。。
見せられた物はなんだったのか。。
なんでそういう事 平気でできるのー?
他にもそんな獣医がいたなんて愕然とします。
私の時は見つけた先生「決して問題にしないでください。」って
言ってた。
だから我慢したけど。。言っていいと言うなら言ってもいいかもしれないね。
もう二度としないでほしい!

でも今回手術に踏み切って監督の体がわかってよかった。
これから気をつける所も今迄の体調不良も
これでなんとなくわかったもんね。

ぴかさんも作業員さんもお体気をつけてくださいね!


Posted by おかる at 2007年03月11日 00:11
おかるさん、おかるさんこそ・・・お疲れ様です。
いろいろあったですね。
きじままちゃんのこと。
監督のこともそうだけど・・・避妊去勢手術、猫の一生、
猫の幸せ・・・地域のこと、病院のこと。
なんかいろいろ考えちゃいますね。

監督の場合はイエネコなのにお外の子と同じ疲れの原因を体に持ったまま
これまで過ごさせてしまった・・・
でもこれできっぱりとそれを取って安穏に暮らせるかな。
きじままちゃんも、これから体が楽になるよね^-^
赤ちゃんを産んで育てるのは本能だから産むこと、育てることを
にゃんこが幸せに思っているかどうかはわからないけど
それを取ってしまうのは痛々しい気もするし
にゃんこが安楽に暮らせるために
人間の社会のなかでうまく暮らせるために
それを奪ってしまうのだから、にゃんこが必ず
その子なりの幸せを手に入れて、その子らしく暮らしていけるようにしたいですね。
おかるさん。
できること全部したと思います。きじままちゃんは、彼女の幸せを手に入れていると思います^-^

監督はね・・・
すごく甘える^0^
こんなの初めて〜手に頭のせて寝たり腕枕したり。
ずーっとベッタリしています。
ヤブ獣医にはハラが立つけど、もう終わってしまったことで
取り返しもつかないし、訴える時間ももったいないし
近所中にふれまわることと本人に手紙を送ることくらいしようかな。
直接言ってもいいんだけど、文にしたら残るし。
おかるさんの時のその話もひどいよねえ。
でも、開腹して、縫うのは同じだし卵巣だってすぐ取れるのに
なんでわざわざ残すんだろう。
意味わかんないね・・・
監督は、もうサカリこないって言うし腎臓のこともわかったから
体に負担かけない穏やかな生活ができるかな。
冠・・・狙う^^

ニンゲンは、大丈夫です^-^
だってもうサカリこないと思ったら・・・
24時間体制のケアはしばらくなさそう(?)だし、思いっきり監督のそばにいようと思います。
ありがとうございます。
Posted by ぴか at 2007年03月11日 01:27
この件はしっかりと記憶に残しましょうね。
Posted by moomama at 2007年03月12日 21:01
moomamaさん、相談に乗っていただきありがとうございました。

監督と同じように避妊済みでサカリがある・あった
他の猫さんの話も教えていただいて、
今までは監督、これはサカリじゃなくって他に何か病気があるのではないか?とか
取り残した卵巣が再生したのか?とか、果てには
脳からホルモンが出ている???などといろいろ考えましたし、
麻酔もおなかを切るのも嫌だから・・・
手術をしないでサカリを抑える方法もいろいろと考えていました。
実際には処置などは何も決断できず、ひたすら相手をし続ける
ことしかできませんでした。

momamaさんのおかげで、監督の場合は十中八九
最初の避妊の執刀医の取り残しだろうと結論付けることができ
また、病院でのホルモン検査の結果で
取り残しというか、そのまま残っている可能性が高いと確信でき。
不安ではありましたが納得して再手術に踏み切ることができました。
左の卵巣・・・とてもしっかりとした、再生したのではないリッパなものでした。
そして卵巣のなくなった監督が無事に帰ってくることができました。
今回の執刀先生にも、「サカリはもう来ません」と
キッパリ言っていただけて、ほっとしています。

最初の獣医には、何度も対面で「サカリがあるんです」と言っていますが
「全摘したんだけどなあ」とか
「おっこっちまったかなあ、マア、再生することもあるんだよなあ」とか・・・^^;
先生お一人だけの病院なので、カルテも書き換え放題なのかもしれません^^;

監督のことは、特別ではないかもしれません。
多摩センターは大きく取り上げられて被害者も多いですが
案外こんな獣医さんがたくさんいて、監督のように
避妊手術でおなかを開けて閉めただけ、というようなことが
実際に数多くあるのかもしれません。
飼い主が気づかないでいたり、あれは獣医のミスかな?と思っても
確認の方法がなかったり知識がなかったりでそのままになってしまうことも
多いだろうと思います。
猫さんの年齢や体調によって確かめられないことも。

私も、再手術をしなかったらこんなに立派な卵巣があるなんて
わからなかったわけですから・・・
でも、この年齢で手術をきちんと終わらせることができて
本当に良かったです。

老猫会員で我が家の近所の方には、もれなく
「とってもヤブ獣医」「説明不足でエコー診断を失敗する評判の良い病院」に加え
「安楽死をすぐに勧める病院」もお教えします^-^
Posted by ぴか at 2007年03月12日 23:39
老猫会から来ました。うちのふーちゃんも避妊手術で殺されそうになったから、そんな獣医だから、ちゃんと手術してくれたんだろうか?という不安がいつも残ってて、ちび監督の話は人事(猫事?)ではないです。ぴかさんもちび監督もずいぶんつらい思いをされたと思いますが、無事手術できて退院できてよかったですね。これからは早く元気になってもっともっと楽しい毎日を送る事が出来ますように。。。
Posted by はーぽん at 2007年03月18日 21:44
はーぽんさん、はじめまして。
はーぽんさんも、手術の不安が・・・
ふーちゃん、だめな先生に当たってしまったのですね。
殺されそうに・・・?!
今はふーちゃん、大丈夫ですか。
咳が出るとありましたが、少し期間を置いて良くならないようなら
別の先生に診ていただくといいかもしれませんね。
心配は1つでも少ないほうがいいですから。
避妊も、確実に済んでいると良いですね。
って、それが当然なのにそんな心配をしなくてはいけないなんて
切ないことです。
きちんと適切な手術が行われていなかったら、明らかに契約違反ですよね。
それがまかり通ってしまうなんて、恐ろしいことです。

監督のサカリについては数年来の悩みでした。
監督の消耗が心配で頻繁に食事を出し、人間は24時間付きっ切り。
仕事ができなくなり、眠ることもあまり許してはもらえず。
監督、サカリの後大体いつも体調が悪くなってしまっていましたし。
人間も^^;
そういう日々が年の1/3近くを占めていましたから、大きな悩みでした。
でも再手術はなかなか思い切れなくて。
moomamaさんはじめ、いろんな方に相談したり獣医さんにも聞いたり。

今年になってようやく、外注検査で費用は高かったですが、
サカリのときに血液を採ってホルモン量の検査をしましたところ、
監督には卵巣が残っているであろうという数値が出ましたので
再手術をしなくてはと思い切りました。

監督の母猫の避妊のときは、(これは全く別の評判の良い病院でした)
帰ってきてから縫ったおなかが開いてしまったそうだし
お友達ニャンコのとらちゃんが去勢手術のときは
タマタマからヒモみたいなものが出たまま帰ってきたし
見える形での失敗がこんなにあるのだから、
隠れたミスや失敗、意図的にやってないなどのことは
もっとあるに違いないと疑っています。
良心的な先生だって、病院だって、たくさんあるとは思うのですが。

監督、今回の先生が上手だったのか傷がとてもきれいだし、
傷の治りも思ったより早くて少し驚いています。
監督のこと、気にしてくださってありがとうございます^-^
今日術後はじめてベランダに私と一緒に出て、ひなたぼっこをしました^-^
ゆったりとした、彼女の時間が流れてくれると信じて
楽しみながら毎日過ごせたら、と思います。
はーぽんさんも、ふーちゃん・きち君との穏やかで楽しい生活が
続きますように。
Posted by ぴか at 2007年03月18日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。