ちびシック内検索   
カスタム検索
新着記事

2007年07月21日

とっとちゃんの保護

あたし、茶とらの「とっと」。
毎日ごはんをくれるヒトが、そう呼ぶの。
そのヒトの友達にゃんこで、あたまがでっかくてシッポがない
きゃっきゃうるさい茶とらのオトコが「とら」だから、
茶とらのあたしを見てつい、「とら」って言っちゃいそうになるのを
途中でごまかしてたら「とっと」になったんだって。
テキトーな名前だけど、あのヒトがくれた最初のプレゼントなの。
それから毎日、暗くなる頃に待っているとそのヒトが
呼びに来るようになって、出て行くといつもごはんをくれたの。

とっと
オヤツ中〜

だからあたし、そのヒトがドアの中に入っていったら
中まで入ってやっても良いわ、っていう気分にだんだんなったの。
しっぽのない茶とら猫がうるさくやってきてこわかったけど
中に入るとアイツは入ってこれないし、
「おかわり!」って言うと、食べられなくなるまでごはんをくれたの。
一日1回だけど、おなかがいっぱいになると膝の上に乗って
少しの時間安心して眠ることができた。
あたし、元気に外に戻って行けたの。

膝魔人とっと

そんな日がしばらく続いたけど、
このあいだごはんを食べた後、ふと思ったの。
もうお外に戻りたくないなーって。
そのヒトは「まだ準備ができてないんだよー」と言って
何度もあたしをドアの外に出したんだけど
外から「あたし入りたい」ってそのたびに言ってみたら
わかった、と言ってあたしはそこにいることになったの。
アノヒトは、「どうしても早く、シュジュツもしなきゃいけないしね」
って言ってたけど・・・
それでも戻りたくなかったんだ。

ここはお外みたいに広くないけど、雨で濡れないし
ごはんも毎日1回じゃなくて何回もやってくるのよ。

***************************************************************



7/18の出来事でした。
いつもどおり夕方6時にとっとちゃんと会って、
監督が産まれた物置部分(実際はアトリエの下にあります)に
入ってもらってごはん。

缶1個食べて膝の上でアマアマ。
もう1個食べる〜と言うので開けて食べて、またアマアマして。
moomamaさんからいただいたフロントラインをぶっちゅーしました。
で、まだアマアマで、離れない^^;
「アタシ、もう出て行かないわ」と。。。(笑)
何度もドアを開けて、3回くらい無理に出しても
帰ってくるし、ドアをしめると外で呼ぶし。。。

幸せのエリをつけたよ
megmegさんの丸エリちゃんをマネして、夜なべした
ヘタッピマルエリつけました。幸せな猫になれるように・・・

おなかはやっぱり大きいし、保護部屋を整えるよりも手術やるか。。。
と思いながら20時ごろアトリエに戻り、待ち構えていた監督に
「猫くせえー」と怒られてシャワーをあび、監督のゴハンやら
作業員への報告やら。


とにかく膝の上が好き

22時に保護場所に行き、とっとちゃんにトイレを用意すると
おしっこ、ちょっとやわらかだけどうんちもしました。
前日にドロンタールを飲ませていたのだけど、
虫はいなかった・・・ホッ

あたし、とっと。

とらちゃん保護のときに使ってたざぶとんとか、
もうボロボロで捨てる予定だったもこもこシャツも配置。

おなかが大きいの。

世話人は監督に怒られないようジャンバー着て
ナイロンズボンをはいて行ったら「わー^o^ふかふか〜!」と
とっとちゃんすごいいきおいでフミフミしずっと私から離れず。。。
入ってこようとするとっとちゃんをムリヤリ押し戻しながら
アトリエに戻れたのは12時^^;
なんか大変。。。

ふかふかザブトンをもらったし

保護する場所について、保護の前にいろいろ解決困難な難題があって
防音等の工事がかなり必要だったのですが
作業員の体調不良もあり、とっとちゃんはここにいたいって言うし
やむなく中止、とにかく保護しました。
場所を仕切るドアがなかったんだけど・・・
本人が出て行く気がないので、あまり深く考えないことに。

ここは雨が当たらないし

ふかふか寝床は用意したけど、私がいないと落ち着かないらしく
監督が産まれた場所であるガラクタが山盛りになっている場所を
探検したりそこで何かやったり。

ごはんをもらえるから

監督はとっとちゃんの声、気付いているのかいないのか。
(保護場所がアトリエの階下で、めちゃめちゃ床薄い・壁薄いので
ありえないくらい上下階の物音が聞こえるのです^^;)
においに関してはすごい怒られましたけど、小さい鳴き声は
案外平気なのかも。。。?
それとも、下から聞こえてるんじゃなく外からだと思ってるのかな。

もうお外には戻らないって言ってみたの。

そして翌日の19日、病院に電話すると
「早い方がいい」と、20日の手術予約が入れられました。

あのひとに、シュジュツをしないとって言われたんだけどね。

避妊・堕胎手術については次回。
世話人、「赤ちゃんだったら・・・」と
このことにはおなかが大きいカモ、と思ったときから
ずっと悩んでました。
とっとちゃんの保護もちゃんとできるのか不安満載なのに
子にゃんは当然無理で。
悩んでも悩んでも、答えは出ていました。

ちびこスタジオアルテの猫監督 ちびこの部屋

ブログランキングに参加しています。
猫えさを食べ続けるちび監督と世話人を応援してね。ブログランキング参加中


ラベル:とっとちゃん
posted by ぴか at 20:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 里親募集・保護猫さん | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何故だかわかりませんが胸がいっぱい。。。
涙があふれます。。。

とっとちゃんたくさんのおいしい幸せな時間を過ごしてね

ううっ
Posted by しゅぽぽ at 2007年07月21日 23:43
とっとちゃん、良かったね!とりあえず雨風しのげるし?!御飯もちゃーんと貰えるし!何より・・甘えられて可愛がってくれる人がいるって事が一番嬉しいよね♪
先程、四女の事でかなり落ち込む事があり、今すっごく悩んでます・・。このままじゃ、皆、幸せになんてなれない。
頭の痛い事です・・。
Posted by はなちま at 2007年07月22日 00:39
しゅぽぽさん、ありがとうございます。
泣いてくれたのね。

とっとちゃん、これから子にゃんの分までも幸せにしてみせます。
この子自体がまだコドモ。
すごくすごくかわいいです。
Posted by ぴか at 2007年07月22日 12:45
はなちまさん、3女までのお姉さん方きつそうですか?
4女は子にゃんがいるから少し気が立っているってこともある?
ナイス解決法があると良いのですが・・・
まずは3女までに満足・納得してもらわねばですね・・・

にゃんこそれぞれ嬉しいこととか幸せに感じることって
違うのかもしれません。
オイシイは共通の幸せかもだけど・・・
とっとちゃんの場合はアマアマ&膝がとにかく必要です^-^
Posted by ぴか at 2007年07月22日 12:52
はじめまして!知り合いのブロガーさんの所から辿ってきました。初めて来た日から、気になって気になって...今日ちゃっかりリンクさせて頂きました!とっとちゃん、幼さが残る顔がスゴく優しげですね。赤ちゃん...悲しいですが、その分とっとちゃんに幸せを与えて貰ったんだって思ってます。うちの子は、まさにとっとちゃんのお腹の子なんです。保護されて避妊手術当日に生まれました(笑)なんだか人ごととは思えなくって...一杯アマアマして全身に幸せをしみ込ませてあげたいですね!!
Posted by kaezzz at 2007年07月22日 19:28
kaezzzさん、はじめまして。
リンクありがとうございます。
落ち着いたらゆっくりお邪魔しますね^-^

>赤ちゃん...悲しいですが、その分とっとちゃんに幸せを与えて貰ったんだって思ってます。

ありがとうございます。
保護場所がきちんとあれば、とっとちゃんは馴れていたし
もっと早く保護することもできたはずですが
あまりにも準備が整わず。
私自身、保護を躊躇してもいましたし・・・
こんなにかわいくて人の好きな子が、他にもっとごはんをもらえる
入れてもらえるお家があるのではないかとも思い・・・
近所は、ウチよりお金持ちの家しかないですし^^

でも結局場所がほとんど整わないままに保護の日は早まり、
結果として出産は避けられました。
私はまだ先だと思っていましたけれど、甘かったです。
子にゃんの分も必ず幸せになってもらわなくては、
私の気がすみません^^

とっとちゃん自身がまだ子供だし、外にいたのがいきなり一部屋に入って
手術もして、不安だろうと思って。
それに傷の回復までは落ち着いてゆっくりして欲しいし
毎日合計6時間くらいは一緒にいて膝をかしていますが
全然足りないみたいです^^;
もっと十分に甘えさせてあげたいです。

kaezzzさんの猫さんはとっとちゃんの子^^
そうでしたか〜。
産まれてきて、幸せになれたんですね^-^
いつも猫は愛されるために生まれて来るんだと
そう思っていますが、目的をしっかり完遂できているのだから^o^
幸せですね^-^
Posted by ぴか at 2007年07月25日 08:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。