ちびシック内検索   
カスタム検索
新着記事

2008年02月12日

ミャウミャウのアレ。鶏ササミペプチドを、試食♪

株式会社フードペプタイドさん開発の、鶏ササミペプチドです。
アイシアさんのミャウミャウ「カリカリ小粒タイプ」に
配合されているもの。

鶏ササミペプチド

「カツオペプチド入りかつお味」は監督も試食しています。
レビューはこちら

ミャウミャウカリカリ小粒タイプが発売されてたときには
知らなかったことですが、購入して商品を手に取ったとき
「愛猫の心のケアに」って書いてあって。
世話人、正直・・・
なぬぅ〜。と、思ったです。
ほんまかいな〜って^o^;

アイシアさんのミャウミャウカリカリのサイトには

以下引用

>ネコはストレスを感じると
>血液中に血清ヒドロペルオキキシドという物質が
>多くなります。ペプチドを配合したドライフードを与えると、
>血清ヒドロペルオキキシドが低くなる

とあります。
「血清ヒドロペルオキキシド」が全然わからないんですが。。。
「血清ヒドロペルオキシド」で検索したら出てきました。
過酸化脂質の一種、なのね。

鶏ササミペプチド

心のケア・ストレス対策に配合された成分があり、それが
「ペプチド」だということを知ったならば
とりあえずペプチドってどんな味なの〜?!
ととっても興味津々だった世話人。
時は流れ
ひょんなことから、フードペプタイド社長である
北里大学獣医学部食品機能安全学研究室
有原圭三教授より、譲っていただきました。

鶏ササミペプチド

ペプチドはおいしい上に、機能もある!
「おいしくて体によい」って、まさに理想の食品です。
健康に良いと言われるものはマズいと
思いがちなところもありますが、そんなことないんだよねー。
おいしく食べることって基本だよね!と思ってる世話人なので。

鶏ササミペプチドはフードに配合されている成分というか食品で
単体では商品として販売していないので、
ここでレビューするのは違うのかも?しれないのですが
監督にふりかけとして使用してみたので書きます〜。

鶏ササミペプチド

原材料 鶏ササミ

成分 ササミペプチド
    詳細な分析は無いのですがペプチドなので
    ほとんど全部がたんぱく質となります。
    ミネラル類も若干含まれると思われます。

こちらの製品は人間用の食品工場にて食品衛生法に基づき
鶏ささみのみを原料として生産されているものだそうです。

ほほう〜。食品衛生法に基づいて生産されている製品。
安全太鼓判、デスナア。

鶏ササミペプチド

とにかく容器を開けてお皿に取り出してみる。
(実際にはカツオペプチドと交互に試しました)

おお〜っ、これがササミのペプチド〜っ。
白っぽいクリーム色の細かな粉です。

鶏ササミペプチド

においは・・・
ふ、複雑・・・ヒトコトで言うのは難しいんですけど
一瞬、監督のにおいと似てるトコあり^-^
塩味だけの卵焼きをしっかりと焼いたときの、
香ばしい香りってわかりますか??
あんな感じで、更に茹でたエビの香りを足した感じで
それらが強すぎないにおい、なんです。
そんなんがふわ〜っとにおってくるの。
はああ〜。にゃんこの反応はもう目に浮かびますわ。

・・・においですでにウマそう。
世話人、ちょっとドキドキしながらなめてみる。

・・・あ。

これも舌先じんわりあったかい感覚あり。
突出した味が無く、まぁるい味なのはカツオペプチドと同じ。
・・・なんだけど、少し多めになめると
若干の苦味、そして甘み、のどの奥まで感じるのに
重くない、マッタリとしながらも上品なうまみ。
そんでそんで、最後には
茹でた鶏肉を食べたときの、まさにその味がします。
ふ、複雑な味だよ〜っ。
オモシロイっ。

鶏ササミペプチド

わ〜お。
そういう系の味なのかなーと予想していたのですが
これはチキンエキスやブイヨンとは、全然違う趣。

鶏がらスープをなめるとかなり強い味を感じますが、
ササミペプチドはそれがすごく薄い。
ちょうどささみふりかけ(塩の添加がないもの)を食べているのと
同等な味の強度なのですが、その味が複雑だなと感じます。

世話人、じつは鶏系うまみ調味料かなりニガテで、
あれがたくさん使われてる料理や食べ物を
おいしく食べられないことが多いヒトなのですが、
これは単体でなめても・・・いい味です。
調味料のような強い味はなく、食品の味という感じ。

味を確認したのでひとまず世話人、ワクワクしながら早速監督に。
サキホドのお皿に出したペプチドは容器に戻し(笑)
だって大事に使いたいから〜。
ほんのちょろ〜っと鶏ササミペプチドが付着したお皿を
監督に見せることにしました。
(実際には、カツオペプチド→鶏ササミペプチドの順に
続けてお皿を見せました^o^)

大きいザブトンをくるくるっと丸めて土管状にした中で
寛ぎ中の監督に、お皿を見せると。
かつおペプチドのほうにも書きましたが、
・・・すんごい勢いでにおいを嗅ぎ始め・・・
もうどこにもペプチドついてない状態になっても夢中でなめました^o^
もともとちょっとしかお皿に付着していなかったのですが、
お皿を片付けている世話人に
監督、寛いでたのにくっついて出てきて
今の何??何〜??なんなの〜っ??って催促。

そのときは飽き飽きされてたフードにカツオのほうのペプチドを
耳かき一杯分ふりかけて召し上がっていただきましたが
すごい反応。飽き飽きしてたフードをもう夢心地で食べてくれて。
鶏ササミペプチドでも、同じようにそんな反応が返ってきました。
そんなことが続き。
カツオペプチドに続いて、k/d缶でお試し。
まずはk/d缶をそのままでお出ししてみると・・・
やっぱり食べません。

そこに、鶏ササミペプチドを、振りかけましたら。
(すんません普通のフード15gにはペプチド耳かき1杯でしたが
k/dには2杯でいかしていただきました^o^;)

・・・・

食べた〜^o^/
食べたk/dの量は3gくらいだけどね^o^;
監督的にはカツオペプチドのほうが、
k/d缶と相性がよいってことなのかな。
でもすごい。腎不全用療法食の中でも
監督がイチバン忌み嫌ってるk/d缶^o^;
量は少ないとはいえ、普通においしく食べてくれたんだもの。
ちなみに、世話人がペプチドのふりかかったk/dと
かかってないk/d、区別できるのかどうかやってみたんですけど
目をつぶってにおいと味で見分けることって
できませんでした。
世話人にはわからないペプチドの味とにおい
k/dにちょこっとかかったそれを、監督ははっきり区別しました。
やっぱし猫さん、しっかりペプチドを認識してるんだよなあ。
すごいっす。

その後、たまぁ〜に療法食をペプチド味で監督にお出ししています。
たべてくれる量は少ないけど、おいしいと思いながら
食べてくれるってこと、ウレシイ。

世話人の周りのほかの猫さんも、ペプチドほんっとスキです。
世話人の持論で
(科学的根拠ないし、違うと思う方もたくさんいるでしょう)
「おいしいと思うもの・食べたいものを食べたいときに食べるのが
体にもよい」
というのがあるんですが、
猫さんだって、体に必要なものっておいしくて
たんぱく質の味というかアミノ酸の味というか、
つまりペプチドの味にも敏感なんじゃないかな??
なんて思っている、世話人です。

調味料としては失格なほど味が薄い感じのペプチドですが、
そんなペプチドをほんのひとつまみふりかけたごはんに対して
猫さん達は明らかに
「これはうまいっ!」と瞬時に見分けて食べます。
やっぱり体に必要なたんぱく質由来の味を、
本能的に見分けて食べたくなるのかな???

お分けいただいた有原教授から、興味深い話を伺いました。

「ペプチドの味について、猫には圧倒的な支持を受けているのですが
犬の場合はちょっと違ってきます。かなり喜んで食べる犬も
いるのですが、統計的にデータ解析をすると
ドッグフードにペプチドを入れても入れなくても
あまり嗜好性は変わらないという結果を得ています。
理由は色々あると思います。
一般的に猫の方が犬よりも「味にうるさい」
ということはご存知かと思いますが
犬よりも猫の方がより肉食系動物の性質を強く保っているので
動物性タンパク質由来の風味を本能的に好むのかもしれません。」

うーん、私が感じていることとかなり近いというか、同じだー。
もしかしたらそうかもしれないし、違うかもしれないけど
猫さんたちがペプチドの味を好むのは、確かなようです。

今回ペプチドの試食をさせていただいて、
調味料的に使われているものっていろいろあると思うのですが
キャットフードの嗜好性を上げる目的で
人間の味覚レベルで味の濃いものというのと
猫が好む味の濃さって違うんだなあ、とか
猫の味覚や味覚レベルはやはり、人のそれとは違うんだなあと
実感しました。
ただ味が濃いから猫が食べたがるかというと、絶対違いますね。
たんぱく質にカギがあるかも・・・と思います。

ニンゲンには到底到達できない猫さんの味覚の奥深さ。
監督が好む味ってどんなものかが知りたくて
また、どうしてあれは食べてこれは食べないのかが知りたいことが
私がキャットフードを食べ続ける理由のひとつでもありますが
もしかしたら、猫さんの味覚ワールド
キブンもあるけど、おいしいと思うかどうかのその区別
私には知覚すらできない世界なのかも・・・しれません^o^;

あんまし続けると当然飽きるだろうから間隔あけながら、
いただいたペプチドがなくなるまでゆっくり、
監督においしく摂取してもらおうと思ってます。
監督の心のケアになってるかどうかは、
実感としては変化が見られないケド、
監督、ストレス少ないのかな??

鶏ササミペプチド単体での販売は現在ありませんが、
ペプチドの味が気になるよーと言う方は
ミャウミャウ小粒タイプをかじってみてください〜
あのね、ペプチドがどのくらいの量が配合されているのか
世話人は知らないけど香りと味、ミャウミャウかじると
ペプチドのその味と香り、ミャウミャウの味と香りに
確かになってますよん^m^
フードに加えられたペプチドは、フード生産過程で
「メイラード反応」によりおいしい魔法が更にかかっているため、
おいしさが増しています。

・・・いや、監督には「ミャウミャウドライかつお味」が
不評だったんですけどね^o^;

一連のたんぱく質関連記事はこちらです。

たんぱく質って、何なのさ〜。

良質なたんぱく質ってナニ?悪いたんぱく質もあるってことナノ?


それからそれから〜たんぱく質の代謝について

たんぱく質の味!?

たんぱく質って、アミノ酸って、オイシイの!?

たんぱく質♪オマケの味付け。

ちびこスタジオアルテの猫監督 ちびこの部屋

ブログランキングに参加しています。
猫えさを食べ続けるちび監督と世話人を応援してね。ブログランキング参加中


この記事へのコメント
ぴかさんスゴ過ぎます!何処でどういう繋がりがあったのか
有原圭三教授からペプチドを譲り受けるなんてビックリ。
読んでいて監督の興奮度合いのスゴさも伝わって
ますます魅力的に感じたペプチドの媚薬の様な効果が
ミャウミャウのフードに含まれているのですね〜。
唯一普通食のひめに捧げ物として出してみようかしら(笑)
家猫の生を受けた子達は様々なストレスを受け続けて
人間同様の、いえそれ以上の心や体の変化をしているのかも
人間界の病気の元の殆どが心という事を考えても
小さな体のニャンズでは計り知れませんよね。
せめて好きなだけ遊んで、寝て、美味しいと感じるご飯で
小さなテリトリーに住み続けてくれれば
少しはストレスの解消にも役立てるのでしょうね。
侮るなかれ、その名はペプチドって感じですわ(爆)
Posted by kaezzz at 2008年02月12日 21:03
ぴか先生、たんぱく質に関する講義ありがとうございました!
よーく理解した上でコメントしなくちゃ、と思ってたのだけどついていけず・・・^^;
あー、私化学(こっちの字でOK?)苦手だったよなぁ、って思い出してしまいました。
多分試験勉強で丸暗記したと思われる♪リジン・ロイシン・イソロイシン♪が頭の中ぐるぐる〜
これってたんぱく質のことだったのか・・・なんて具合です。
でも意外なことに、日々の生活に結構密着してるんですね。

ペプチド、にゃんずに大好評なんですか〜。
こんなにウケるのなら、ふりかけ状のものが製品化されてもよいのでは・・・?
ペプチド効果なのかどうかは不明ですが、
我が家のMiawMiawフリークは、もちろんカリカリ2種類も好んで食べてました。
私もかりっとしてみましたが、味ないな・・・で終わってしまってた・・・。
猫の舌が欲しい!
Posted by koro at 2008年02月12日 21:06
kaezzzさん、ペプチドをお分けいただいたのは、ただの役得です^^
ペプチドねー、すごいですわ〜。
ミャウミャウドライは監督、食べてもらえなかったのですけど^o^;
単体では大変なヨロコビようです。
ごはんにかける量は、ずいぶんと少量なんですけど
それでも「こ、コレハ・・・」とすぐに見分けます。

> 人間界の病気の元の殆どが心という事を考えても
> 小さな体のニャンズでは計り知れませんよね。

まあ「病は気から」とも言いますからね。

ひめちゃん、どうですかねえ〜。
気に入ってくれるかな??
喜んでくれると良いですね。
ウチでは、とらちゃんはミャウミャウドライ、
かつおのもささみのも、よく食べました。

いろいろ調べてて、ペプチドがナンプラーに
けっこう含まれてるらしいことがわかり
今日はウチ、ナンプラーを下味に使った餃子食べました〜。
うまかったっす^o^/
Posted by ぴか at 2008年02月13日 00:58
koroさん、「先生」はやめれ〜。
はずかしいっす^o^;

化学ニガテでしたか〜。
たぶん私のほうが比にならないほどヒドイと思いますよ^o^;
理科と算数があまりにもできないので、高校は
算数と理科を1年しかやらない学校を選びました・・・
毎回試験では学年最低点を繰り返しては
先生の使いっぱや雑用をこなし、恩情にてようやく進級してましたからねえ。。。
のこ勉とか追試を何度受けても、
別段予習・復習を怠ってるわけでなくても赤点でしたからねえ^o^;
ひどいもんです。
ニガテというより、アレルギーに近いです^^

ちなみに、アミノ酸のことは、ダカラが流行るまで知りませんでしたよ。
あと、グルタミン酸がアミノ酸だってことも実は
最近まで知らなかったです〜。

> でも意外なことに、日々の生活に結構密着してるんですね。

そうなんですよね。
普段とても近くにあるものなんですよね。

>私もかりっとしてみましたが、味ないな・・・で終わってしまってた・・・。
猫の舌が欲しい!

おお〜かりっとしてみましたか。
ラストに舌側面あたりでメインに感じる味がペプチドの味だと思うです〜。
猫の舌が備わったら、やっぱしたんぱく質由来の味が欲しくなるのかな^o^
喉の奥に感じるにおいも、かなり関係してるとにらんでいるのですが
どうなんでしょうか。
監督の好み・母上の好み・とらちゃんの好みみんな違うのですが
やっぱり私と比べてしまうと比較にならないレベルで鼻がいいですよね。
到底かないません・・・。

Posted by ぴか at 2008年02月13日 01:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。