ちびシック内検索   
カスタム検索
新着記事

2006年01月05日

手作りの猫用ポタージュ・スープいろいろ

毎日じゃないけれど、世話人は手作りの猫用スープを作ります。
人間のご飯の食材をちょっとずつ取り分けてちょこっと作るだけなんだけどね。
一番多く作るのは鶏のスープ。
鶏とキャベツやじゃがいも、残りごはんなどをお水と一緒にレンジで加熱するか
鍋で煮て、ミキサーにかける。

ちび監督はじゃがいもやかぼちゃが好きなので(ぽくぽくしたのを
そのまま食べることも。女の子っぽい〜)ちょっと多めに入っている。

鶏6・かぼちゃorじゃがいもorごはん2・キャベツや白菜などの葉もの1位の割合で
(けっこう適当。こういうところで性格が出るね)
水は材料全部をあわせた量と同じか少し多いくらい。

豚肉やお魚で作る場合もあるんだけど、豚肉はにおいが出やすくて
不評なことが多い。鶏が一番無難みたい。

とろっとしつつなめらかな、ポタージュがお気に入り。
具材が大きいとだめなの。ミキサー必須。でも、ミキサーかけてると
うるさい!と怒るお方!アナタノタメナノヨ。

お魚の猫缶を少し、ホールトマトを少し、無塩バターを少し、と
後からいろんなものを加えてテイストを変えることができます。
これも処方食の味付けに使っています。
猫缶に比べると食いつきが良くないかもですが、水や芋、野菜が多く
腎臓に負担のかかりにくいものが入っている(と思う。保証はナイけど。)ので、
猫缶に比べて少し多く、処方食に混ぜてあげられるので
鶏の匂いや味を堪能してもらえます。

・・・時々はこれだけをスプーンに1・2杯あげちゃってる。
お芋やかぼちゃ、五穀米など炭水化物や繊維質の多いものを多めに入れて、
(ちび監督がいも好きだからできるのだけど)お水もたっぷり入れれば
タンパクが多くなりすぎる心配も少なくなるかな、と
時々は甘やかしている。

鶏はこちらのペット用お肉がとってもオススメです。毎朝、処理直後の鶏肉を
鮮度の落ちないうちに加工して急速冷凍した、生で食べても大丈夫な鶏さん。
ペット用に梱包してますが人間用と質は同じ。ささみ、一級端肉、砂肝やレバーの、
新鮮な朝びきミンチ。ほかにもやわらかいささみジャーキーなど。
栄養分析表もついていて安心。もちろん、人間用のお肉もおいしいのよ〜(加工品・調理品はオススメしませんけど・・・。)

とり農園


鶏のスープ 鶏ときたあかり、お米のスープ

じゃがいも入り鶏スープ じゃがいも入り鶏のスープ

かぼちゃ入り鶏スープ かぼちゃ入り鶏のポタージュ

トマトと白身魚入り鶏のスープ トマトピュレと白身魚、五穀米入り

ブログランキングに参加しています。 にほんブログ村 猫ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。