ちびシック内検索   
カスタム検索
新着記事

2006年06月05日

酸化防止剤ってどんなもの? どんな種類があるの?

しばらくフードについて考えてみたことをupしていきます。
まずは酸化防止剤についてです。

食品の酸化による害を防ぐために必要な添加物、酸化防止剤。
痛みを防ぎ、腐りにくくする保存料。フードの品質を安定させ、
フードを食べるペットに健康被害が出ることの無いように
フードに必要不可欠なものです。

どんなに良いフードでも、時間がたつと体に有害な
過酸化物質へと変化します。
酸化したフードを体内に取り入れると、体の組織や臓器に
障害を起こし、老化を早めたり、ガンなどの生活習慣病の
原因になると言われています。
何より、おいしくないよね・・・・。においも落ちます。

また、フードに酸化防止剤・保存料を添加することで
フードの品質を保ち、広く流通させ、安全に食べることができ
価格を安定させることができます。
酸化防止剤や保存料があるおかげで簡単に、
またはお金持ちでなくても猫さんにごはんをあげることが
できます。

安全にフードを食べるために必要不可欠な酸化防止剤・保存料。
合成のものと天然型と呼ばれるものがあります。
怖い、毒性がある、と言われているものもあります。
合成の酸化防止剤・保存料です。
特に恐ろしい毒性があるものといわれているのが、
BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、
BHT(ブチルヒドロキシトルエン)、
エトキシキンの3つの合成酸化防止剤・保存料です。

天然型と呼ばれるもので主に使われているのは
アスコルビン酸、トコフェロール、ミックストコフェロール
(トコフェロール混合物)などです。

次回「合成酸化防止剤・保存料/BHA」に続きます。

フードの酸化防止剤・保存料について考えてみた。

ちびこスタジオアルテの猫監督 ちびこの部屋

ブログランキングに参加しています。
猫えさを食べ続けるちび監督と世話人を応援してね。ブログランキング参加中


ラベル:フードの安全

2006年06月04日

ペットフードって、そんなにこわいものなの?危険なペットフードって?

はじめに言っておきたいのは、私はペットフード業界とは
何の関わりも無いこと。
大事な猫さんと一緒に暮らしている、いち飼い主です。
大好きなちび監督と、いつまでも一緒にいたい、
ありふれた猫好きです。

猫のごはんがどんな味か、安心してあげられるものなのか
確かめるべく猫えさの試食をするうちに、
ペットフードについていろんな噂や問題がある
ということを知りました。
(つまり、それまではな〜んにも知らなかったわけですが)

今回ちび監督のホームページに製作した新コーナーは、
恐ろしいペットフードとはどんなものか、
何故恐ろしいのか、体にどんな影響があるのかなど
自分なりに整理して考えてみたかったことがきっかけでした。
悪いものならあげることはできないですし。

大切な家族であり友人である(私の場合上司でもあったりする)
猫さんのために、できるだけ長生きでき、体に合った
良い食べ物を食べさせてあげたいと思っています。
猫好きさんたちは、みなさん同じ気持だと思います。
大事なヒトとずっと一緒にいたいという気持ち。

ペットフードについての、いろんな噂があります。

腐った肉や疫病で死んだ動物の肉を使っているとか、
ペットフードを与えていると病気になるとか具合が悪くなるとか。
恐ろしい添加物や毒物を大量に使って
フードを腐らないようにしたり見栄えを良くしたり、
ゴミ同然のものにおいしいにおいをつけているとか。
危険なペットフードを食べている動物は長く生きられないとか。

フードの仕入先やフードの工場を自分で見てきたわけではないので
そういうフードやメーカーも存在するのかもしれません。
でも、もしそんなことが現実にあったとしたら。

腐った肉や疫病で死んでしまった動物の肉を
フードに使っていた場合。
そんなフードを食べたら即、病気や感染症にかかるペットが
いる可能性があり、そうなれば飼い主はフードメーカーに対して
訴訟を起こすに違いありませんが、今のところそのような話を
聞いたことがありません。(知らないだけかも?)
訴訟が起きなかったとしても、フードメーカーには
訴えられるリスクが常にあることになります。

フードを製造する時に、恐ろしい添加物や毒を大量に使うのなら、
人間にも害があるので取り扱いが非常に面倒になり、
各種手続きや毒物を取り扱う専用の部屋や設備の費用、
専用の人員の確保、毒物によるリスク
(作業員の健康被害、製品による事故の対応等)
危険度の高い薬品を使用したことによる被害者が出た場合の
対応や訴訟を起こされた場合の対応やダメージ、訴訟費用など、
フードメーカーにとって様々な面倒やコスト、リスクがあります。
こんなにたくさんマイナス面があって、それでも危険なものを
使うのかな?と、かなり疑問です。

ちょこっと調べたり冷静に考えてみると、
ペットフードについての噂は・・・
やっぱり噂なのではないかと思います。

ペットフードって、そんなにこわいものなの?
危険なペットフードって?


ちびこスタジオアルテの猫監督 ちびこの部屋

ブログランキングに参加しています。
猫えさを食べ続けるちび監督と世話人を応援してね。ブログランキング参加中
ラベル:フードの安全
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。